TOPICS
大会
2016.07.31

【岡山インターハイ】文大杉並、死闘の末に悲願の夏日本一!

2016 情熱疾走 中国総体 女子団体戦

関連キーワード:

「2016 情熱疾走 中国総体」ソフトテニス競技女子団体戦が7月31日(日)に行われた。会場の岡山県・備前テニスセンターはこの日も朝から真夏の暑さ、準決勝時に雷鳴で一時中断し、中断中に雨にも見舞われ進行が遅れ、準決勝からライトもつけて実施。決勝へは、昨年の覇者・和歌山信愛がまず進み、続いて高岡西との激戦を制して文大杉並が勝ち進んで、昨年と同じカードとなった。

ネットの白帯を持って集中する文大杉並

ネットの白帯を持って集中する文大杉並(団体戦でのワンシーン)

文大は決勝、それまでのオーダーから変え、1年生を3番に起用。信愛は、個人戦入賞ペアの貝瀬/古田を決勝は1番に置いた。

準決勝で円陣を組む和歌山信愛

準決勝で円陣を組む和歌山信愛

ナイターの中8時半近くまで行われた決勝戦。昨年は和歌山信愛が団体個人の二冠を果たしたが、今年は前日の個人戦で林田/宮下こころ(優勝)、宮下真緒/上田(準優勝)の同士討ちを演じ、団体戦も競りあいを制してきた文大杉並が、死闘を制し日本一をつかんだ。

林田リコ(写真)/宮下こころは団体・個人二冠に!

林田リコ(写真)/宮下こころは団体・個人二冠に!

文大はインターハイ初優勝。春の選抜に続き夏の日本一を果たし、目標とする高校三冠(選抜、インハイ、国体)へ、あと一歩まで近付いた。

★準々決勝

文大杉並(東京) ②-1 三重(三重)

高岡西(富山) ②-0 昭和学院(千葉)

高田商業(奈良) ②-1 札幌龍谷学園(北海道)

和歌山信愛(和歌山) ②-0 北越(新潟)

★準決勝

文大杉並(東京) ②-1 高岡西(富山)

和歌山信愛(和歌山)②-0 高田商業(奈良)

★決勝

文大杉並(東京)②-1 和歌山信愛(和歌山)

宮下真緒/上田理央 ④-3 貝瀬ほのか/古田麻友

林田リコ/宮下こころ ④-2 笠垣結香/柘植宥美

小林愛美/小松崎梨代 2-④ 下江遥花/戸根鈴華

 

準決勝で文大を追い詰めた高岡西。見ごたえのある戦いを展開した

準決勝で文大を追い詰めた高岡西。見ごたえのある戦いを展開した

8本決めで三重の前に惜敗したが、京都光華は1回戦から勝ち上がり、2回戦では個人戦入賞ペア擁する中村学園女子を下して16強。喜びを身体全身で表現し、明るく戦う姿が印象的だった

8本決めで三重の前に惜敗したが、京都光華は1回戦から勝ち上がり、2回戦では個人戦入賞ペア擁する中村学園女子を下して16強。喜びを身体全身で表現し、明るく戦う姿が印象的だった

インターハイの戦いの詳報(全対戦オーダー掲載予定)、カメラマンのとらえた激戦のシーン掲載の『ソフトテニス・マガジン10月号』は8月27日より発売予定。この熱戦は、ぜひ誌面で!

出場校一覧男子 出場校一覧女子 ソフトテニス・マガジン9月号紹介

ソフトテニス・マガジン編集部、カメラマン・井出秀人、川口洋邦

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社