TOPICS
大会
2018.06.04

【インハイ予選決勝リポート】福島・男子は田村が学法石川との3番勝負を制す!

【インハイ予選速報2018】福島/6月3、4日 あづま総合運動公園庭球場

関連キーワード:
3番勝負ファイナルの末に優勝を決めた佐藤/ミヒニャックを迎える、田村ベンチ

全員で勝つ。

◎決勝(男子団体)

田村②-1学法石川

福島県インターハイ予選(団体)は、6月3日(日)、4日(月)に福島市あづま総合運動公園庭球場で決勝が行われ、男子は田村が優勝した。

学法石川との決勝は、先勝を許してあとがなくなった2番で守谷善太/小泉啓人が流れを一気に引き戻し、G④ー0で3番勝負に持ち込む。

3番の佐藤功輝/ミヒニャック瑠偉は根本悠暉/内山駿にG2ー3と追い詰められるが、守りに回らず攻め続けてファイナルへ。会場全体が緊迫する中、2人は最後までラケットを振り抜き、チームに勝利をもたらした。

松崎法夫監督は「(団体戦の)メンバーに入れなかった子たちは、もちろん悔しい気持ちを持っていますが、それでも、選ばれた選手に頑張ってもらいたいという気持ちで動いてくれた」とチーム全員を称えた。

決勝前、キャプテンのミヒニャックは「学法石川の強さはガンガン攻めてくるところなので、とにかく声を出して、相手よりさらに向かっていこう」と声をかけたという。選手とベンチが一体となったチームは、どんな時も前を向き続けて声を掛け合い、激闘の末にインハイ切符をもぎ取った。

◎上位成績(男子団体)
①田村
②学法石川
③平工業
④磐城桜が丘

★この試合は、『ソフトテニス・マガジン8月号』でも掲載されます(2018年6月27日発売)

福島・男子団体優勝の田村

福島・男子団体2位の学法石川

福島・男子団体3位の平工業

福島・男子団体4位の磐城桜が丘

 取材・文◎井口さくら 写真◎ヤマダヒカル

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社