TOPICS
大会
2018.07.31

【インハイ】高田商業の2年生大将・木原ツインズが初戦突破「向かっていく気持ちで戦った」

女子1日目個人戦:インターハイ2018◎7/30-8/6三重県・三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場

関連キーワード:

7月30日(月)から8月6日(月)にかけて、ソフトテニスのインターハイが三重県鈴鹿市で開催されている。31日は女子312組がエントリーした個人戦がスタート。3回戦までが行われる予定だ。8月1日までの2日間で優勝を争うことになる。

「こっちに打つと思うと、その通りに打ってくれる」

2回戦から登場した木原那菜/木原恵菜(奈良・高田商業)が、1回戦から勝ち上がった杉澤梨/伊藤陽色(岩手・黒沢尻北)にG④-0で勝利し、3回戦進出を決めた。

那菜/恵菜は名前からも分かるように、二卵性双生児ペア。和歌山出身で小6の全小では個人団体の2冠を果たしている。当時は恵菜が大きかったが、中3で追いついたという身長は、後衛の那菜が167cm、前衛の恵菜が168cmと1cm違い。右利きで髪型も同じ。見分けるポイントは恵菜の目の下のほくろという高田商業の2年生大将ペアに話を聞いた。

木原那菜/木原恵菜(高田商業)インタビュー

――G④-0で初戦を勝利しました。

恵菜 昨年は団体の出場(16強)で個人戦は初めて。初めは足が動かず、スマッシュミスが多くなっていましたが、声はいつも以上に出ていました。

那菜 インターハイなのでどこの学校も同じくらい強い。向かっていく気持ちで戦いました。

――双子ペアならではの利点は?

恵菜 私が前に立っていて、今のボールはこっち、次のボールはこっちに打つと思うと、その通りに打ってくれます。ポジションにすぐ入れるのでやりやすいです。

那菜 ずっと組んでいますが、前衛(恵菜)の得意なボールが分かる。前衛を生かす配球で、2人で一本のプレーができます。

――それぞれの得意なプレーを教えてください。

恵菜 身長を生かして、相手の中ロブも取れますし、例えボールを触らなくても、相手にプレッシャーを与えられます。

那菜 相手の嫌なところを攻めることができます。ここ、というときに、前衛の足元を狙ったり、サイドを攻めて、決めきる確率が高いところです。

左が後衛の那菜で右が前衛の恵菜。恵菜が「見分けるポイントは目の下のほくろ」と言えば、那菜が「それシミやん」という掛け合いも


写真◎井出秀人 取材・文◎内田麻衣子

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社