TOPICS
大会
2018.07.30

【インハイ】女子の公開練習&開会式を実施。いよいよ明日から個人戦がスタート!

女子公開練習&開会式:インターハイ2018◎7/30-8/6三重県・三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場

関連キーワード:
選手宣誓は地元三重高のキャプテン、石田恵美莉

7月30日(月)から8月6日(月)にかけて、ソフトテニスのインターハイが三重県鈴鹿市で開催される。30日には女子の公開練習と開会式が行われ、31日は女子312組がエントリーした個人戦の3回戦までが行われる予定だ。

林田/宮下に続くのは?

この日、会場となる三重交通G スポーツの杜 鈴鹿 庭球場では、都道府県別に時間を区切って各コートが割り当てられ、早朝から個人戦出場ペアや団体参加校が、会場の雰囲気を味わいながら最終調整を行った。明日31日から個人戦が始まり、8月1日までの2日間で優勝を争うことになる。

個人戦の注目ポイントは、昨年まで2連覇を達成した林田リコ/宮下こころ(東京・文大杉並卒)に代わる日本一はどのペアになるのか、という点。第1シードに入ったのは、2年前に1年でベスト8、昨年は準優勝の原口美咲/久保菜月(福岡・中村学園女子)だ。2人は「第1シードで周りからも注目されると思うけど、プレッシャーに負けず、期待に応えられるように自分たちのテニスをしていきたい」(原口)、「体力と集中力がどれだけ続くかが大事になると思う」(久保)と語り、三度目の正直での優勝を誓った。

また、6月のハイスクールジャパンカップでダブルス3位の水澤奈央/前山愛(新潟・北越)の戦いぶりも興味深い。同大会のシングルスを史上初めて2年生で制した水澤は、「団体・個人で日本一を目指します。ハイジャパの優勝はシングルスだったので、切り替えて、インハイでは個人と団体で優勝できるようにもう一度、気持ちを作ってきた」と意気込む。前山も「ハイジャパでは試合中に迷って、いつものボールが打てなくなる壁が見つかりました。それを越えるために取り組んできてやってきたことを、団体でも個人でも表現したい」と言葉に力を込めた。

公開練習終了後には参加全選手が集まって開会式が行われ、決戦ムードが高まった。この日、台風一過の暑さに見舞われた会場では、午後から強い風も吹き荒れており、序盤から思わぬ波乱も起こりそうな予感も漂う。2日間の戦いを制し、頂点に立つペアは?

文大杉並から個人戦と団体戦の優勝旗および優勝カップが返還された

写真・文◎石倉利英

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社