TOPICS
大会
2018.08.06

【インハイ】男子団体戦、4年ぶりの王座奪還! 高田商業(奈良)・花岡/増田インタビュー「みんなのためにも負けられなかった」

男子3日目団体戦:インターハイ2018◎7/30-8/6三重県・三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場

関連キーワード:
花岡忠寿(左)/増田祐太

730日(月)から86日(月)にかけて、ソフトテニスのインターハイが三重県鈴鹿市で開催。最終日の6日は男子団体戦が行われ、高田商業(奈良)が4年ぶり20回目の優勝を決めた。

1番、2番とも逆転で勝利

4年ぶりの優勝を懸けた決勝の相手は羽黒(山形)。高田商業にとっては昨年の準々決勝で、何度もマッチポイントを握りながら勝ちきれず、春夏連覇を阻まれた因縁の相手だ。インハイ決勝という最高の舞台で、リベンジのチャンスがやってきた。

1番で出た花岡忠寿/増田祐太は、相手の大将で昨年の優勝メンバーである根本拓哉/齋藤龍二と対戦した。第1ゲームを取られたものの、花岡、増田とも気合十分のプレーを続け、徐々に押し返してG2-1と逆転。その後に並ばれたものの、続く2Gを連取し、G④-2で最初の勝利を収めた。ほどなく2番の下原涼太/林湧太郎も勝利を収め、②-0で歓喜の瞬間が訪れた。

王座奪還を果たし、花岡と増田は涙、涙。前日の個人戦決勝で下原/林との同士討ちに敗れた悔しさもまとめて晴らす日本一を、男泣きで喜ぶ2人に話を聞いた。

「練習してきたことを思い出した」(増田)

――優勝おめでとうございます! 今日はどんな心境で臨みましたか?

花岡 昨日の個人戦決勝で負けて、すごく悔しくて…今日の団体戦は絶対に優勝して帰りたいと思っていたので、実現できてうれしいです。

増田 1年生のとき、優勝できるメンバーがそろっていながら優勝できなかったのを見ました。去年は団体戦でベンチに入らせてもらいましたが、優勝候補でありながら、負ける瞬間を目の前で見た。自分たちの代では絶対に優勝しようと言っていたので、うれしいです。

――相手は羽黒。雪辱を果たすには、これ以上ない舞台でした。

花岡 絶対に勝つという気持ちで、最後の1球まであきらめない気持ちで、強気で攻める姿勢を大事にしようと思ってプレーしました。

増田 去年の羽黒戦はマッチポイントが何本もありながら、負けてしまいました。今日は自分たちがマッチポイントを握ったときは、練習してきたことを思い出して、普段通りにやろうと思っていました。マッチポイント1本で決めることができて、よかったです。

――第1Gを取られましたが、慌てることはなかったですか?

花岡 はい。1球1球、1ゲームマッチだと思って、相手に追い付かれても、1ゲームを絶対に取るという気持ちで戦っていました。

――増田選手は積極的にポーチに出ていましたね。

増田 紙森(隆弘)先生に「クロスボールを取りに行け」と言われていました。紙森先生が言うことは絶対に正しいので、先生のことを信じて、言われたことをやろうと思っていました。先生のおかげです。

――スタンドの応援も素晴らしかったです。

花岡 僕たちが負けているときも、ずっと後ろで選手以上に声を出してくれました。紙森先生も声を出してくれていて。みんなのためにも絶対に負けられませんでした。

増田 応援はすごく勢いがありました。僕たちが負けていても応援は緩まなかったので、ポイントを取られても焦ることなく、応援のおかげで勢いに乗ることができました。

――今日1日を通して、プレッシャーがありましたか?

増田 昨日の個人戦で2位になったので、相手に向かってこられるので、それを受けるのではなく、2位になったことを忘れて、あらためてチャレンジャーとして、自分たちが弱いと思って1試合1試合、向かっていこうと思っていました。

――最高の気分ですね!

花岡・増田 はい!


取材・文・写真◎石倉利英

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社