TOPICS
大会
2018.08.08

【インカレ】女子は東京女子体育大が2連覇!

大学対抗2日目:インカレ2018◎8/7-8/11岡山県・浦安総合公園テニスコート、岡山県総合グラウンド南テニスコート、岡山県備前テニスセンター

関連キーワード:
連覇を遂げ、弾ける笑顔でハイタッチ!

大学生の頂点を決めるインカレが8月7日から岡山県の浦安総合公園テニスコートをメイン会場に開催されている。大学対抗戦は、7日、8日の2日間で行われ、女子は東京女子体育大が2年連続11回目の優勝を果たした。

「目の前の一戦一戦に集中した結果」(吉田主将)

 東京女子体育大は、準々決勝では明治大を③ー0、準決勝では神戸松蔭女子学院大を③ー1と三次戦(※インカレで採用されている「せんめつ戦」は1チーム3組による対抗戦で、片方が3組敗退するまで試合が行われる方式)にもつれさせることなく、決勝へ進出。

 その決勝でも、初の決勝へ勝ち上がった立教大を圧倒。髙井紀衣/菊地はづき、髙崎秋穂/小松芹奈、林田リコ/島津佳那の3ペアが取りこぼしなく、3勝で連覇を決めた。

 7月の東日本インカレで日本体育大に完敗を喫していた東京女子体育大は、この1か月間、徹底した練習を積んできたのだという。吉田美穂主将は「もう一度チームをしっかりつくって、目の前の一戦一戦に集中した結果が連覇につながった」と勝因を振り返った。

 なお、東日本インカレ優勝の日本体育大は、準々決勝で関西大との三次戦にもつれる激戦の末に逆転負け。準決勝では、その関西大を、立教大が0ー2からひっくり返して勝利するなど熱戦が続いた。それだけに、東京女子体育大の余裕を持った戦い方が光ったとも言えるだろう。

3番の林田/島津が優勝を決め、コートになだれ込んだ

2年連続11度目の女王に輝いた東京女子体育大

ルーキーの林田リコも伝統のソーラン節を披露した

決勝

東京女子体育大 ③ー0 立教大

▶︎一次戦
髙井紀衣/菊地はづき ④ー0 加藤幸奈/中田依緒里
髙崎秋穂/小松芹奈  ④ー2 松永花緒/土井あんず
林田リコ/島津佳那  ④ー3 寺戸理紗/泉田歩聖

取材・文◎田辺由紀子 写真◎矢野寿明

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社