TOPICS
大会
2018.10.08

【国体】成年女子・東京が5年ぶり優勝! 広島の金メダリスト3人を下して9回目のV

第73回国民体育大会◎10/5~8 武生(たけふ)中央公園庭球場、福井市わかばテニスコート

関連キーワード:
優勝を決めた林田リコ(東京女子体育大)らがウイニングラン。林田は昨年まで少年女子で国体連覇、今年は成年で自身3連覇

第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」のソフトテニス競技は8日、武生中央公園庭球場で成年男子・女子の2日目が行われた。成年女子は東京が5年ぶり9回目の優勝を果たした。

「みんなが自由に力を発揮できるようにして頑張った」(中川)

この日の準決勝で東京は愛知を、広島は開催県の福井を、ともに②-0で勝利。決勝は1番ダブルスの高橋乃綾/半谷美咲、2番シングルスの尾上胡桃と、アジア競技大会国別対抗戦の金メダリスト3人を擁する広島の優位が予想されたが、東京の1番・中川瑞貴/島津佳那が第1Gをデュースの末に取ると、第2Gからの3Gは計2ポイントしか与えず、G④-0の圧勝で先行した。

さらに2番シングルスは、同じくアジア競技大会国別対抗戦の金メダリスト、東京の林田リコが、広島の尾上に第1Gを奪われたものの、第2Gからは本領を発揮して4Gを連取して勝利。3番に回すことなく勝利を収めた。

東京は金メダリスト3人を下し、国体で2番にシングルスが導入されてからは初めての優勝を飾った。メンバー唯一の社会人(ナガセケンコー)である中川は、「所属がバラバラだったので(林田と島津は東京女子体育大、3番ダブルスの髙橋勅有は明治大、花園優帆は早稲田大)、みんなが自由に力を発揮できるようにして頑張った」と2日間の戦いを振り返った。

なお、3位から8位までの順位決定戦も行なわれ、開催県の福井は4位に。国体で成年女子の区分ができた1975年以来では初の4強入りを果たし、会場を大いに沸かせた。

東京の中川瑞貴(ナガセケンコー)

中川と組んだ島津佳那(東京女子体育大)

▼成年女子
優勝:東京
2位:広島
3位:愛知
4位:福井
5位:福島
6位:千葉
7位:富山
8位:徳島

優勝:東京

2位:広島

3位:愛知

4位:福井

▼決勝
東京 ②-0 広島
中川/島津 ④-0 高橋/半谷
林田 リコ ④-1 尾上 胡桃

▼3位決定戦
愛知 ②-0 福井
加納/小林 ④-3 木谷/高杉
那須 暁帆 ④-2 中山 真衣

▼準決勝
東京 ②-0 愛知
中川/島津 ④-3 加納/小林
林田 リコ ④-2 那須 暁帆

広島 ②-0 福井
高橋/半谷 ④-1 羽渕/上田
尾上 胡桃 ④-3 中山 真衣


取材・文◎石倉利英 写真◎井出秀人

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社