TOPICS
大会
2018.11.14

全中Vの松岡琴美らが参戦、ジュニアジャパンカップU-14の出場選手

競技者育成プログラムStep-4第13回ジュニアジャパンカップ◎11/17-18宮崎県・生目の杜運動公園、清武総合運動公園

関連キーワード:
松岡琴美(岡山・山陽女子中2年)

 アンダー世代の頂点を決める『競技者育成プログラムStep-4第13回ジュニアジャパンカップ』が宮崎県で開催される。11月17日(土)のシングルスはU-14とU-17が生目の杜運動公園、U-20が清武総合運動公園で。18日(日)のダブルスは全カテゴリーとも生目の杜運動公園での開催となる。

 U-14の出場選手は以下の通り。山陽女子中で全中Vの松岡琴美ら、今年度の主要大会で活躍した選手がそろった。なお、今年度のアンダーの選抜メンバーは11月18日~25日に韓国・順天市で行われる世界ジュニア選手権に参戦している。

U-20=高3~20歳以下
U-17=中3~高2
U-14=中2まで

●U-14男子
橋場 柊一郎 (岩手)
竹内 遥音 (岩手)
長根 新太 (岩手)
野口 快 (埼玉)
根岸 澪紋 (埼玉)
鈴木 郁哉 (神奈川)
東家 偉琉 (山梨)
金澤 慧 (埼玉)
木村 奏都 (神奈川)
木島 凜翔 (栃木)
高橋 拓己 (新潟)
牧 海音 (石川)
上田 泰大 (新潟)
團野 佑紀 (三重)
渡部 海友 (愛知)
菊山 太陽 (和歌山)
三浦 瑠偉 (兵庫)
濱本 莉輝 (京都)
竹内 晴紀 (兵庫)
中川 雄太 (山口)
奥田 叶汰 (岡山)
高木 皆人 (岡山)
宮田 智友 (徳島)
河村 叶空 (香川)
宮本 颯人 (福岡)
上城 真之介 (鹿児島)
木下 颯汰 (長崎)
西岡 遥平 (宮崎)
進戸 航平 (福岡)
國松 樹人 (新潟)
國松 巧 (新潟)
小山 寛晴 (埼玉)
野口 遼 (埼玉)
川崎 康平 (宮崎)
大山 瑠偉 (宮崎)
植田 璃音 (東京)
結城 純平 (東京)
黒坂 卓矢 (埼玉)
小泉 瑠唯 (埼玉)
松尾 和桃 (岐阜)
南 龍之助 (東京)
早川 悠佑 (東京)

●U-14女子
天間 美嘉 (青森)
柴田 明 (山形)
吉本 裕香 (北海道)
及川 咲空 (岩手)
小川 ことみ (千葉)
鈴木 叶 (千葉)
西山 なつみ (千葉)
中島 はな (埼玉)
三澤 春花 (東京)
石山 実来 (新潟)
本間 友里那 (新潟)
入澤 瑛麻 (新潟)
廣瀬 鈴 (静岡)
黒田 玲那 (三重)
畑中 望来 (和歌山)
望月 聖那 (兵庫)
斉藤 愛 (大阪)
武田 悠里 (京都)
松岡 琴美 (岡山)
小柴 心寧 (岡山)
長谷川 美波 (岡山)
澤井 萌々子 (岡山)
髙橋 ひかる (香川)
近藤 明日咲 (香川)
江口 咲礼紗 (長崎)
西村 麻央 (福岡)
岩浦 里佳 (宮崎)
小水流 里菜 (宮崎)
野口 凛華 (長崎)
柴田 凛 (京都)
浜中 陽 (京都)
小柴 杏寧 (富山)
浦山 皐 (富山)
安井 花凜子 (和歌山)
近坂 優衣 (和歌山)
西條 葵 (茨城)
宮本 絢菜 (茨城)
鈴木 美貴 (埼玉)
杉本 希 (埼玉)
向畑 奈々未 (大阪)
中谷 さくら (兵庫)
桑木 愛花 (栃木)


協力◎宮崎県ソフトテニス連盟

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社