TOPICS
大会
2018.11.14

高校2冠の高田商業・池口季将らが頂上決戦、ジュニアジャパンカップU-17の出場選手

競技者育成プログラムStep-4第13回ジュニアジャパンカップ◎11/17-18宮崎県・生目の杜運動公園、清武総合運動公園

関連キーワード:
奈良・高田商業高2年の池口季将

 アンダー世代の頂点を決める『競技者育成プログラムStep-4第13回ジュニアジャパンカップ』が宮崎県で開催される。11月17日(土)のシングルスはU-14とU-17が生目の杜運動公園、U-20が清武総合運動公園で。18日(日)のダブルスは全カテゴリーとも生目の杜運動公園での開催となる。

 U-17の出場選手は以下の通り。インハイVで国体との2冠を果たした高田商業高の池口季将や、インハイ準V羽黒高2年ペアの荒木駿、澤田吉広ら、今年度の主要大会で活躍した選手がそろっている。

 なお、今年度のアンダーの選抜メンバーは11月18日~25日に韓国・順天市で行われる世界ジュニア選手権に参戦している。

U-20=高3~20歳以下
U-17=中3~高2
U-14=中2まで

●U-17男子
荒木 駿 (山形)
澤田 吉広 (山形)
佐藤 壮 (宮城)
松橋 嘉依 (千葉)
山下 真央 (千葉)
渡邉 大凱 (東京)
髙城 直弥 (群馬)
遠藤 陸斗 (千葉)
小林 裕仁郎 (福井)
尾山 仁哉 (富山)
石森 崇大 (福井)
戸田 佳惟斗 (三重)
平本 聖真 (愛知)
矢野 颯人 (奈良)
藤久 雄士 (奈良)
桑山 信 (奈良)
津田 知紀 (島根)
大年 優吾 (広島)
中村 健太 (島根)
米川 結翔 (香川)
石川 峻伍 (香川)
田中 康文 (宮崎)
島村 敏季 (熊本)
坂本 貫太 (宮崎)
中原 壮琉 (熊本)
西本 一雅 (宮崎)
下村 慶樹 (宮崎)
白川 雄己 (香川)
池口 季将 (奈良)
森川 亮介 (広島)
小宮山 建 (広島)
高橋 海斗 (埼玉)
喜樂 洸音 (群馬)
北爪 琉登 (群馬)
工藤 陽光也 (神奈川)
山本 大陸 (奈良)
西田 駿人 (奈良)
佐藤 大晴 (秋田)
岩間 大輝 (秋田)
仲川 晴智 (三重)
松本 翔太 (東京)
西岡 遼太郎 (宮崎)

●U-17女子
武田 美咲 (山形)
縄田 愛実 (宮城)
岡本 蒼生 (北海道)
赤川 友里奈 (埼玉)
齋木 菜々花 (千葉)
西東 彩菜 (東京)
小林 さくら (埼玉)
小松﨑 茉代 (東京)
鈴木 里奈 (東京)
日高 里歩 (千葉)
庄司 琴里 (東京)
水澤 奈央 (新潟)
上田 莉理華 (富山)
小林 美郷 (新潟)
冨樫 春菜 (新潟)
廣江 彩華 (愛知)
藤城 みちる (三重)
木原 恵菜 (奈良)
根岸 楓英奈 (大阪)
蓮岡 若奈 (大阪)
木原 那菜 (奈良)
石井 美々花 (岡山)
岡野 若奈 (広島)
岡野 萌々子 (広島)
山田 葉七 (山口)
武市 明香里 (広島)
宮田 叶菜 (徳島)
竹松 和加葉 (香川)
中村 リコ (福岡)
川崎 もも (宮崎)
永江 鈴香 (福岡)
山田 奈央 (佐賀)
古藤 向日葵 (福岡)
高橋 朱里 (大阪)
山岡 鈴芽 (愛媛)
山岡 愛芽 (愛媛)
岡田 采華 (島根)
行田 夏菜子 (島根)
長谷川 憂華 (岡山)
立花 さくら (岡山)
佐古 香織 (東京)
江頭 明凜 (東京)
浪岡 菜々美 (三重)
平岡 琴恵 (兵庫)
白﨑 ひかる (東京)
岩浦 桜子 (宮崎)


協力◎宮崎県ソフトテニス連盟

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社