TOPICS
大会
2018.12.19

企業名ユニOK、アルファベット名前OK、バルーンOK、日本リーグ2018の新しい試みを写真で振り返る

第36回ソフトテニス日本リーグ◎12/14~16愛知県豊田市・スカイホール豊田

関連キーワード:

 12月14日(金)から16日(日)の3日間、愛知県・スカイホール豊田で行われた男女各8チームによる総当たり戦の日本リーグ。男子はNTT西日本が9年連続23回目の優勝で連覇記録を伸ばし、女子はワタキューセイモアの3年ぶり2回目の優勝で幕を閉じた。

試験的に解禁されたこと

 今回の日本リーグはいつもと景色が少し違った。今大会に限り、試験的に以下の項目が解禁されたからだ。

・ユニフォームに企業名、ロゴマークOK
・選手の名前はアルファベットでもOK
・背中に名前をプリントしてもOK
・スティックバルーンの応援OK(ただし、競技に支障がない限り)

 新しい試みで、新しい景色が見えた日本リーグを写真で振り返る。

ノースリーブユニフォームの背中にWATAKYU&Y.ISHIIとプリントしたワタキューセイモアの石井友梨。

ワタキューセイモア男子チームは企業名プリント&ゼッケン。ユニフォームの胸元にはワタキューセイモアのロゴがプリントされている。

今季昇格したトヨタ自動車。赤と白のスティックバルーンを持って地元チームを応援。

トヨタ自動車はユニフォームの背中にTOYOTA。

東邦ガスは胸元とパンツに企業ロゴと企業名。

ヨネックス男女チームはユニフォームにロゴと「YONEX」のプリント。

宇部興産はゼッケンに「UBE」の社名とCMにも登場するキャラクターUBE DOGが登場。ゼッケンの名前はアルファベットでフォントもかっこいい。

日本リーグ勢ではいち早く、「NTT WEST」の社名入りユニフォームを着用していたNTT西日本。選手の名前はアルファベットでユニフォームにプリント。ゴシック体でシンプルに。

黄色いスティックバルーンと黄色いTシャツで目立っていたダンロップ応援団。

東芝姫路の応援団はチームカラーの赤いスティックバルーンと赤いベスト。レジェンド、柴﨑さん、杉本さん、森原さん、深澤さんの姿も。

ベンチでも選手たちがスティックバルーンで応援していた。今年も熱かったヨネックスのベンチ。

2日目の女子・ヨネックスvsナガセケンコー、男子・NTT西日本vsワタキューセイモアがJ SPORTSオンデマンドで生中継された。解説は三重高の神崎公宏監督。

東芝姫路監督歴52年、最後の日本リーグを指揮した金治義昭監督。

 

日本リーグはソフトテニス・マガジン2019年3月号(来年1月26日売り)に掲載です


写真◎井出秀人 文◎ソフトテニス・マガジン編集部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社