TOPICS
大会
2019.02.20

ミニミニはどんぐり北広島がV、各チームの新戦力miniチェック!

第33回ミニミニカップ全日本女子団体選抜大会◎2/16,17四日市ドーム

関連キーワード:

どん北が2大会ぶり2度目のV

 2月16日(土)、17日(日)に三重県・四日市ドームにて『第33回ミニミニカップ全日本女子団体選抜大会』が行われた。なお、昨年は四日市ドームの改修工事で行われず、2年ぶりの開催となった。

 プレシーズンマッチとして、新戦力を試すチームも多いこのミニミニカップ。予選リーグ(1次リーグ&準決勝リーグ)を経て、順位決定戦では早稲田大Aとどんぐり北広島が頂点をかけて対戦。どんぐり北広島が岩国商業高から加入の川口みゆきの活躍もあり、2大会ぶり2度目の優勝を決めた。

順位決定戦
1~2位
どんぐり北広島 ②-0 早稲田大A
高橋/川口 ④-0 松井/山本
田辺/半谷 ④-3 下江/花園
冨田/上田 ――― 小山/川村

3~4位
ヨネックス ②-1 ナガセケンコー
井田/菊地 2-④ 早川/根岸
徳川/黑木 ④-0 中川/芝崎
大井/草野 ④-2 花 /濱村

ミニミニカップ結果
優勝:どんぐり北広島
2位:早稲田大A
3位:ヨネックス
4位:ナガセケンコー

優勝:どんぐり北広島

2位:早稲田大A

3位:ヨネックス

4位:ナガセケンコー

新戦力miniチェック!

川口みゆき(岩国商業高→どんぐり北広島)
名伯楽の中本監督が見込んだ逸材。岩国商業高ではインハイ1回戦敗退したが、このミニミニで163cmの前衛はアジアシングルス女王の高橋乃綾と組んで、決勝で0勝ちの活躍

松井玲奈(和歌山信愛高→早稲田大)
U-20メンバーのレフティー後衛が早稲田大へ。信愛ではキャプテンを務めた。長い手足を生かしたダイナミックなプレーで実業団チーム相手に奮闘

菊地はづき(東京女子体育大→ヨネックス)
インカレ対抗戦連覇の前衛。クレバーかつ高い技術力を持つ即戦力だ。ミニミニでは同じく新加入の井田真季と組んだ。黒沢尻北高卒

井田真季(日本体育大→ヨネックス)
インカレ複3位の後衛。日体大の先輩でナショナルチームのキャプテンとして活躍する黑木瑠璃華に続けるか。ヨネックスには早稲田大卒で徳川愛実と皇后杯3位となった草野絵美菜も加入

地中 葵(神戸松蔭女子学院大→太平洋工業)
2016年の皇后杯V前衛が太平洋工業に。チームは入替戦で実業団リーグに降格したが、インカレ複準Vのペアの塚川優女とともに、昇格を目指す

ミニミニカップ出場
実業団チームの主な新戦力※パンフレットより一部抜粋

ヨネックス
井田 真季(日本体育大)
菊地はづき(東京女子体育大)
草野絵美菜(早稲田大卒)

東芝姫路
中野  舞(就実高)
久保 菜月(中村学園女子高)

アドマテックス
竹田 茜(関西学院大)
久木 優佳(天理大)
松本 由依(岡崎城西高)

太平洋工業
塚川 優女(神戸松蔭女子学院大)
地中  葵(神戸松蔭女子学院大)

東洋観光
新開 舞桜(脇町高)

どんぐり北広島
上田 祐歌(金沢大)
川口みゆき(岩国商業高)

※ソフトテニス・マガジン5月号(3月27日発売)に大会リポートを掲載します


写真◎江見洋子 文◎ソフトテニス・マガジン編集部 協力◎ミニミニカップ大会事務局 木﨑氏

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社