TOPICS
大会
2019.03.24

【第5回京冬CUP】女子は志牟田智美/泉谷朋香が激闘にピリオド。男子は村田匠/林大喜が全勝優勝

第5回京冬CUP日本実業団選抜ソフトテニス選手権◎3/23、24島津アリーナ京都

関連キーワード:
優勝の志牟田/泉谷。ミスが原因で劣勢になった場面もあったが、最後は気持ちで押しきった

 実業団選手による頂上決戦、第5回京冬CUP323日(土)、24日(日)に島津アリーナ京都で開催された。今年はフォーマットが変更され、男女ともに6ペアの総当たり戦となり、男子は村田匠/林大喜(NTT西日本)、女子は志牟田智美/泉谷朋香が初優勝した。

 女子は2019年度の全日本ナショナル8名が参加するハイレベルな戦いに。初日を終え、志牟田智美/泉谷朋香(東芝姫路)、濱谷杏奈/大槻麗(ダンロップ)、植田幸寿保/石井友梨(ワタキューセイモア)が2勝1敗で並ぶ星のつぶし合いに。ただ、2日目の初戦の序盤に、石井が肉離れで途中棄権となる。一方、志牟田/泉谷は3勝目を挙げて王手をかけると、中川瑞貴/芝崎百香(ナガセケンコー)との最終戦はファイナルにもつれる。先にマッチポイントを握られたが、泉谷が勝負強さを発揮して追いつくと、最後は⑧-6で逃げきった。

「4-6になったけど、自分らのミスから。焦りはなかったし、まだいける、と思っていました」と泉谷。志牟田は最後の場面を「私は少し焦っていました。深く後衛の前に返すことだけを心掛け、前が動いてくれたのが勝因」と振り返った。

 春の最大の目標は日本代表を選ぶ5月の予選会。泉谷は、こう見据えている。

「もう予選会に向けて、走っています、この試合も通過点。2人で試していることもあります。今日みたいなゲームが続きますが、いかに状況を理解して、戦っていけるか」

 この日が最後の采配となった金治義昭監督も「ほんまにうれしい」と満面の笑み。親孝行の2人が送り出した。

男子優勝の村田匠/林大喜。初ペアとは思えない場面もあり、さらに上を目指す

 男子は初日に村田匠/林大喜(NTT西日本)が3連勝、同じチームの水澤悠太/林湧太郎(NTT西日本)を2で破って優勝に大きく前進する。2日目も2連勝して、負けずにウイナーとなった。

「チームの半数がナショナルの合宿に行っています。そんな状況でNTTの強さをアピールする大会だったのかなと。そこで、しっかりと結果は出せたので、これからも競っても勝てるようにしていきたい」と林大喜。

 実はこのペア、ほとんど組んだ経験がないという。村田匠はこう考えていた。

「林さんとは練習でも組んでいないし、ぶっつけ本番のようなものでしたが、それでも勝たないといけないというのはありました。試合の中で、どうやって戦うか話し合いながらでしたが、競った試合も、上手く勝てました」

 この2人はナショナルには漏れたが、代表予選会を勝ってもおかしくない可能性を秘める。これから、5月のハードコートでの戦いを見据えるのは同じだ。

▼結果

女子優勝:志牟田智美/泉谷朋香(東芝姫路)
2位:濱谷杏奈/大槻麗(ダンロップ)
3位:平野佳奈/中西麻友(ベスト)

男子優勝:村田匠/林大喜(NTT西日本)
2位:塩嵜弘騎/花田周弥(和歌山県庁)
3位:水澤悠太/林湧太郎(NTT西日本)

 

取材◎福田達 写真◎江見洋子

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社