TOPICS
インフォ
2019.03.25

【商品ブランド変更】スリクソン改め、公認球『ダンロップ』へ

「スリクソン」のソフトテニスボールが「ダンロップ」ブランドに変更

関連キーワード:

お値段据え置き、部活応援価格

 2014年4月から製造・販売されてきた、「スリクソン」ブランドのソフトテニスボール。2019年4月1日から商品ブランドが「ダンロップ」に変更される。それに伴い、ボールマーク、パッケージが変わることに。

 お値段は、前スリクソン公認球の価格から据え置きの、1球350円(+税/メーカー希望小売価格)1ダースでは4200円(+税/メーカー希望小売価格)で、部活の皆さんに少しでも多くのボールで練習してもらいたいという思いを込めた部活応援価格なのだ。

新パッケージは赤と黒が印象的なこちら。ダンロップの「D」マーク入り

品質変わらず、もちもち感も長持ち

 もちろん、品質もスリクソンと変わらない。2014年の発売後、2017年4月に大幅リニューアル。ヘソの重量を従来(2014年発売時)より40%低減して、重量分布を均一化して従来品よりブレにくくなった。元々、このヘソはボールの重さの偏りの元になると言われてきて、各メーカーは様々な工夫でこれをカバーして、ブレを抑えてきた。そこで前回のリニューアル時には、重さ自体を低減したのだ。

 さらに、空気を入れるスリットも短くなって、形状が改善。空気入れの時、針によって空気穴内部が傷つくのを抑え、エア漏れ発生のリスクも低減している。さらに、ボールの滑りを抑制して、ツルツルになりにくいように表面仕上げを改良。もちもち感が長持ちするのも分かる。

 2019年度は中学校の全国大会の使用球としての採用が決まっている。まずは3月の『都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会』の全種目で使用され(スリクソン)、8月の『全国中学校ソフトテニス大会(全中)』の男女団体戦でも使用される(ダンロップ)。

 なお今年も、ダンロップ・ソフトテニスボール「公認球」を10ダース以上購入すると、下記の部活応援グッズをもれなくプレゼント。受注期間は5月31日(金)までとなる。

A特製作戦ボード(数量限定)
Bダンロップカゴ用ボールバック
Cダンロップ・ソフトテニスボール(公認球)1ダース(12球)

▼部活応援キャンペーンはこちら
http://www.srixon-tennis.com/img/pdf/stb_cp.pdf

▼公式HP
http://softtennis.srixon-tennis.com/

▼公式Facebook
https://www.facebook.com/softtennis.dunlop/

▼公式Twitter
https://twitter.com/dunlopsoftennis/

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社