TOPICS
大会
2019.06.03

【インハイ予選決勝リポート】宮城男子は東北が19年連続20回目の出場決める!

【インハイ予選速報2019】宮城/6月1、2日 青葉山公園テニスコート

関連キーワード:
気迫あふれるプレーぶりでチームを牽引したキャプテンの佐藤壮

令和最初のインターハイは宮崎県宮崎市の生目の杜運動公園で開催される(男子は7月25~28日、女子は7月29日~8月1日)。その予選が各地でスタートした。

準々決勝は3番勝負に

◎決勝(男子団体)

東北②-0聖ウルスラ

宮城県インターハイ予選(団体)は、6月1日(土)、2日(日)に仙台市青葉山公園庭球場で行われ、男子は東北が19年連続20回目の優勝を決めた。

選抜準優勝を遂げ、今大会優勝候補筆頭の東北だが、準々決勝の大河原商戦は大きな山場となった。1番のキャプテンペア・佐藤壮/堀大晟が齋藤幹太/大浦俊輔のガッツあふれるプレーに押されて先勝を許す。ギャラリーがぐるりとコートを囲み、緊迫した空気が漂ったが、2番の北野敦貴/岡安龍貴が落ち着いた試合運びでタイに戻すと、最後は陣形を巧みに変化させる白鳥怜/星柊也が3番勝負を制した。
 
準々決勝で窮地に追い込まれた東北はそこから見事に立て直し、準決勝、決勝とストレートでインハイ切符を獲得した。
 
ベンチに入った吉田美紀監督は「向かってこられたり、研究されているやりづらさの中で、選手はいつも通りのプレーをすることの難しさを感じたはず。準々決勝は2、3番が流れを引き戻してくれたし、負けた佐藤/堀も準決勝、決勝といい試合をしてくれました」とチームワークでの勝利を強調。今大会でより一層絆を強めた東北が、真夏の頂点を目指す。
 
【男子団体】
①東北
②聖ウルスラ
③東北生文大
③白石
 

準々決勝・大河原商戦で3番勝負をものにした東北の白鳥/星

男子団体優勝・東北

男子団体2位・聖ウルスラ 

男子団体3位・東北生文大

男子団体3位・白石

準々決勝で東北を3番勝負まで追い込んだ大河原商

写真◎福地和男 取材◎井口さくら

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社