TOPICS
大会
2019.06.09

【インハイ予選決勝リポート】奈良男子は高田商業が31年連続51回目の出場決める!

【インハイ予選速報2019】奈良団体/6月8、9日 明日香庭球場

関連キーワード:
池口の攻撃力を引き出した山本大陸

令和最初のインターハイは宮崎県宮崎市の生目の杜運動公園で開催される(男子は7月25~28日、女子は7月29日~8月1日)。その予選が各地でスタートした。奈良県予選(男子団体)は、6月8日(土)、9日(日)に明日香庭球場で行われ、男子は高田商業が31年連続51回目の優勝を決めた。

◎決勝(男子団体)

高田商業②-0生駒

優勝した高田商業のメンバー。ここから部内競争が始まる

高田商業は、準決勝では奈良を、決勝では生駒を破って優勝。ベンチ入りメンバー全員が出場するなど層の厚さを示して、まずはインターハイ出場権を手にした。

 春の全国選抜は優勝したが、高田商業の紙森隆弘監督は「それは忘れて新たなスタート」と位置付けた。夏を勝つためには足りないものがまだまだあるからだ。この日の決勝戦では、1番で出場した中別府凌/西田駿人が生駒の大将ペア、平本一真/松本大佑にG1-3とリードを許す。何とかファイナルに持ち込んだが、そこでも先行され1-3。最後は逆転で先勝したが、終盤まで相手ペースで試合が流れた。

「(序盤は)少し迷いがあり、思いきりいけなかった。個人的には課題が出た試合」と西田。

 ただ、山本大陸/池口季将は逆に迷いがなく、2人で一本を貫いた。攻める姿勢が伝わるような内容で勝利。インターハイ連覇のチャンスを得た。

 昨年のインターハイVを経験している池口主将は、「本番ではサービス&レシーブが鍵になると思います。しっかり準備して臨みたい。あとは、まだガッツが足りない」と話した。気持ちで引っ張れる選手が本番では力になるのだ。

 

【男子団体】

①高田商業

②生駒

③奈良

③大和広陵

男子団体2位・生駒

男子団体3位・奈良

男子団体3位・大和広陵

 

取材・文◎福田達 写真◎前島進 協力◎奈良県高体連専門部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社