TOPICS
大会
2019.06.21

【ハイジャパ】男女シングルス4強決定!男子・髙城(前橋商業)は練習の成果を披露。女子・山田(岩国商業)は初の全国ベスト4!

【第48回ゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップ2019】札幌/6月19~23日 札幌市円山庭球場

関連キーワード:
試合序盤のどちらに転ぶか分からない時間帯に粘り強く戦い、終盤に勢いを得た髙城直弥(前橋商業)

 第48回ゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップ2019が6月21日より札幌円山庭球場で開幕。初日のシングルスは男女4強が出揃った。

 男子シングルスはファイナルにもつれる試合が多く、激戦に。前衛同士の対決となった準々決勝、池口季将(高田商業)対髙城直弥(前橋商業)はお互いが前で勝負するため目まぐるしい展開になる。「シングルスの練習を積んできた」という髙城は試合終盤になると勢いも手伝い一気に勝負を決める。「本番で力を出せたのは練習の成果です。この勢いで明日も戦いたい」と話した。

 女子シングルスは昨年の覇者、水澤奈央(北越)が安定した戦いぶりで4連勝。長谷川憂華(山陽女子)、石井美々花(就実)の実績ある2人も苦しむ場面こそあったが何とか準決勝に進出した。

 準々決勝で遠藤かおる(福知山成美)を破った山田葉七(岩国商業)は中学時代の全国8強が自身の最高成績だったが、それを上回る4強入り。持ち前の粘り強さに加え、この日は気持ちの面も安定していた。「何とか拾いながらも、(相手に)向かっていけたのが良かったと思います」と山田は喜びを噛みしめた。

シングルスもしっかりと練習してきたと言う山田葉七(岩国商業)。その成果が生きた

 大会2日目はシングルス準決勝、決勝が行われ、終了次第、ダブルスが始まる。なお、22日の対戦カードは次の通り。

▼男子準決勝
端山羅行(能登)―幡谷康平(高田商業)
高城直弥(前橋商業)―白川雄己(尽誠学園)

▼女子準決勝
長谷川憂華(山陽女子)―山田葉七(岩国商業)
石井美々花(就実)―水澤奈央(北越)

男子5位。左から山下真央(木更津総合)、池口季将(高田商業)、津田知紀(松江南)、中別府凌(高田商業)

女子5位。左から遠藤かおる(福知山成美)、三島彩音(尽誠学園)、武田彩佳(草津東)、浪岡菜々美(三重)

取材・文◎福田達 写真◎井出秀人

 

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社