TOPICS
大会
2019.07.26

【インハイ】ハイジャパ王者が2日目へ・白川雄己/石川峻伍(尽誠学園)「団体戦に向けて、個人戦も優勝したい」

男子個人戦(1~3回戦):インターハイ2019◎7/25-8/1宮﨑県・生目の杜運動公園テニスコート

関連キーワード:
2日目に勝ち残った白川(左)/石川

 7月25日(水)から8月1日(木)にかけて、ソフトテニスのインターハイが宮崎県宮﨑市の生目の杜運動公園テニスコートで開催されている。26日は316組がエントリーした男子の個人戦が始まり、3回戦までを消化した。

ハイジャパからインハイへ

 インハイ個人戦の優勝を占う上で指標の一つとなるのが、毎年6月に行われるゴーセン杯争奪・ハイスクールジャパンカップ。男子ダブルスの優勝は山本大陸・西田駿人(奈良・高田商業)で、シングルスを制したのは尽誠学園(香川)の白川雄己だった。6試合中4試合をファイナルの末に制した粘りのプレーで、本誌9月号の表紙も飾っている。

 インハイ個人戦は石川峻伍とのペアで臨んでおり、初戦の2回戦は神谷優人/小野雅樹(愛知・享栄)を2で、3回戦は金山勇波/菅谷峻大(茨城・霞ヶ浦)を0で下して、2日目に勝ち残った。ベスト8で敗れた選抜の雪辱を期す団体戦を見据えつつ、個人戦でも頂点を目指す2人に話を聞いた。

勢いに乗って戦えた(石川)

――2勝を挙げて1日目が終わりました。自分たちのプレーの印象は?

白川 1試合目は少し緊張しましたが、2試合目はいい状態で試合に入ることができました。ハイジャパで結果を出したので、向かってこられるかな、という意識もある中で、受けずに自分から行けたと思うので、よかったです。

石川 1試合目は、相手にどんどん先に仕掛けられて、僕があまり活躍できず、助けられました。2試合目は体の状態も良くなって、どんどん先に行こうと思って、2人で攻めて、勢いに乗って戦えました。

――ベスト8で敗れた選抜の後、どんなところを鍛えてきましたか?

白川 リードしてからが課題だと感じていて、練習試合などでリードしているときは、チーム全体で意識するようにしました。校内戦ではハンディマッチ、相手がリードしている状態で試合を始めたりして、しっかり練習を詰めたので、インハイでも出していきたいです。

――3年生ですから、インハイへの思いは特別ですよね。

石川 本命は団体戦ですが、個人戦も優勝したいと思っています。

――白川選手はソフトテニスマガジン9月号の表紙を飾っています。周囲の反応は?

白川 いろいろな人に言われて、うれしい反面、期待値も上がってきています。でも気にせず、自分らしくプレーできればいいと思っています。

――石川選手は、ハイジャパから帰ってきた後の白川選手の変化を感じますか?

石川 変わったかな…あ、自信は持っていると思います。

白川 いや、謙虚(笑)! 謙虚です!

――明日の2日目、さらに3日目の団体戦に向けて、勢いに乗っていきたいですね。

白川 この暑い中で3日間戦うので、トレーナーの方にサポートしてもらっていますが、セルフケアも大事にしなければいけないと思います。

石川 団体戦につながるように、個人戦でもしっかり勝ち上がっていきたいです。今日の3回戦は霞ヶ浦のペアで、団体戦ではお互い勝ち上がれば3回戦で対戦します。個人戦は明日、高田商業のペアと対戦する可能性がありますし、団体戦で対戦しそうな相手のペアに自分たちが負けていたら、団体戦で勝てないので、そういうところをポイントにして戦っていきたいです。

白川 自分自身、新しい技術や展開を増やそうとは思っていません。完成度を高めて、集中力を維持できれば勝ち上がっていけると思うので、細かいところをしっかりやっていきたいです。

力強いストロークが光った白川雄己

ダイナミックなプレーを見せた石川峻伍

2日目、3日目とも頂点を目指す2人

取材・文・写真◎石倉利英 写真◎井出秀人(プレー)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社