TOPICS
大会
2019.10.01

【国体】地元の大声援を背に全力プレー。少年女子・茨城県選抜の金子怜/石井はるか「みんなの声援に勇気づけられた」

第74回国民体育大会◎9/29-10/2 北茨城市磯原地区公園テニスコート

関連キーワード:
敗退決定後の3番で登場した金子(左)/石井。地元の声援を受けて懸命のプレーを見せた

 第74回国民体育大会『いきいき茨城ゆめ国体2019』のソフトテニス競技は10月1日、北茨城市磯原地区公園テニスコートで少年男子・女子の1日目を実施。男女とも準々決勝までを消化し、ベスト4が出そろった。

3番で意地の1G奪取

 地元の茨城県は少年男女の初戦が隣のコートで同時に始まり、周囲には一際大きな声援が飛び交った。少年女子は昨年3位の京都府と対戦。1番ダブルスの田島瑞希/三浦さくら、2番シングルスの小林里帆とも奮闘及ばず0で敗れ、この時点で初戦敗退が決まった。
 
 そんな中で意地を見せたのが、3番の金子怜/石井はるか。第1Gを取られた後の第2G、デュースにもつれ込んだゲームを⑥-4で取り、スタンドを大いに沸かせた。その後の3Gを奪われて1で敗れたものの、最後まで全力プレーを続けたチームには試合後、大きな拍手が送られた。
 
 3年生後衛の金子と、試合当日の登録変更でメンバー入りした2年生前衛の石井。東洋大牛久高から国体メンバーに選ばれ、緊張の中で大舞台を終えた2人に試合後、話を聞いた。

「学校の仲間が応援してくれた」(石井)

――初戦が終わりました。緊張しましたか?

金子 はい。でも、ずっとこのコート(北茨城市磯原地区公園テニスコート)で練習していたので見慣れていたし、勝敗が決まった後の3番だったので、楽しむことと、地元のことを考えてプレーしました。

石井 緊張しましたが、これまでお世話になった指導者の方や、同じ学校の仲間が見に来てくれて、たくさん応援してくれていました。その姿を見て、頑張ろうと思って思いきりプレーしました。

――粘り強いプレーで第2Gを取りました。その後はどのようなプレーを意識しましたか?

金子 G1-1になった後にポンポンとゲームを取られてしまいました。つなぐボールを混ぜて、苦しい場面でも自分からミスをしないように、相手とラリーをしようと考えていました。

石井 試合の序盤で相手に逆を突かれることが多かった気がしたので、ちゃんとタイミングを取り、攻めるのか、守るのか、はっきりメリハリをつけてプレーしようと思っていました。

――地元ということで、スタンドには多くの人が詰めかけていました。

金子 完全に自分のプレーを出せたかというと、そうではなかったと思います。でも知っている人が後ろにたくさんいたので、みんなの声援を受けて勇気づけられました。家族も応援に来てくれていて、楽しくプレーできました。

――石井さんは2年生です。この経験を今後、どのように生かしていきたいですか?

石井 こういう大きな舞台に立てて、緊張もありましたけど、良いプレーもたくさんありました。良いところはそのまま伸ばし、ダメだったところ、反省点を改善していければと思います。

取材・文◎石倉利英 写真◎井出秀人、石倉利英

粘り強いストロークを披露した金子

前衛で果敢なネットプレーを見せた石井

試合前、メンバーは円陣を組んで気持ちを高めた

スタンドには大応援団が詰めかけ、選手たちのプレーに声援を送った

茨城県選抜のメンバー全員で笑顔!

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社