TOPICS
大会
2019.10.01

【国体】少年最終日の対戦は男子・奈良対群馬、香川対千葉、女子・東京対宮城、大阪対大分に

第74回国民体育大会(少年)◎9/29~10/2 茨城県北茨城市・磯原地区公園テニスコート

関連キーワード:
2、3回戦は1番で勝利を呼び込んだ群馬県の小林大晟

 9月29日より開催されている、いきいき茨城ゆめ国体2019ソフトテニス競技。大会3日目は少年男女の1回戦から準々決勝までが行われ、男子は奈良県、群馬県、香川県、千葉県、女子は東京都、宮城県、大阪府、大分県が4強入りした。

 男子はインターハイ4強の高田商業(奈良)、尽誠学園(香川)、木更津総合(千葉)の単独チームが順当に勝ち進み、最終日に駒を進めた。そして、あと1枠の争いは群馬県が②-0で宮崎県を破った。群馬県はインターハイ16強の高崎商業を中心に、前橋商業の髙城直弥、高崎高の百澤一眞がメンバー入りしているが、まさに全員の力を結集させての3連勝だった。特に2回戦では羽黒単独の山形県を破るなど、チームの勢いを見せている。
「相手のタイプを見て、山形戦の北爪(琉登)、岐阜・宮崎戦の髙城とシングルスの編成を変えました。百澤も抜擢して活躍してくれましたし、また明日、全員で力を出したいです」と話すのは群馬県の中島啓介監督(桐生市立商業)。

小林とのペアで活躍した群馬県の百澤一眞

 女子は男子とは対照的に、インハイの上位2校で編成されたチームが敗れた。初優勝を飾った埼玉平成の単独チームで臨んだ埼玉県は、準々決勝で同3位の昇陽の単独チーム、大阪府に敗れて敗退。準Vの三重は、初戦で選抜優勝の就実を軸にした難敵・岡山県を下したものの、準々決勝で東北単独の宮城県に敗れて姿を消している。

 一方、4連覇を目指す東京都は例年通り、文大杉並の単独チームで実力を発揮して4強へ。もう一つは明豊単独の大分県が、準々決勝で昨年3位の京都府を下して勝ち上がっている。

宮城県の2番シングルスで2勝を挙げた田村紘

埼玉県との3番勝負で勝利を収めた大阪府の藤井七海(左)/根岸楓英奈

 なお、大会最終日は午前9時から準決勝が行われる。また、男子の奈良対群馬は1番コートに変更されている。

取材・文◎福田達、石倉利英 写真◎井出秀人

 

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社