TOPICS
大会
2019.10.19

【全日本選手権・女子】林田/島津など実力者が順当に勝ち上がる

第74回天皇賜杯・皇后賜杯 全日本選手権◎10/18-20 岩手県・北上市和賀川グリーンパークテニスコート

関連キーワード:
順調に最終日に残った林田(左)/島津

 岩手県北上市で行われている『全日本選手権』は10月19日(土)、雨での中断を挟みながら進行し、男女とも16強までを決めて終了した。

【女子16強】 3日目の対戦カード(数字はトーナメント表の番号)
1 林田リコ/島津佳那(東京女子体育大) ー 冨田真愛/上田祐歌(どんぐり北広島) 18
32 大羅夢真/森松百花(ダンロップ) ー 中川瑞貴/阿部悠梨(ナガセケンコー) 43
44 志牟田智美/泉谷朋香(東芝姫路) ー 松井玲奈/原島百合香(早稲田大/日本体育大) 62
76 小林愛美/吉田澪奈(東京女子体育大) ー 本吉花鈴/石田裕美(ワタキューセイモア) 82
88 高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島) ー 大森優理/西岡真里華(高田クラブ) 104
110 原野亜衣/草野絵美菜(Palaistra/ヨネックス) ー 植田幸寿保/石井友梨(ワタキューセイモア) 131
137 河村佳奈/西本茉央(チームサニーブリーズ) ー 早川日向/芝崎百香(ナガセケンコー) 153
164 田辺恵理/川口みゆき(どんぐり北広島) ー 徳川愛実/黑木瑠璃華(ヨネックス) 175

中断前に決着をつける

 個人では大会3連覇が懸かる林田リコが島津とのペアで出場。この日の初戦となった3回戦では、福島希/小林美郷(羽黒高)に0で完勝して雨天中断前に決着をつける好調なスタートを切ると、貝瀬ほのか/黒田麻衣(ヨネックス)との4回戦も1で勝利して順当な勝ち上がり。そのほかでも、昨年のファイナリスト・志牟田/泉谷(東芝姫路)や、全日本社会人2位の第2シード・徳川/黑木(ヨネックス)、ナショナルチームの植田/石井(ワタキューセイモア)など、力のある選手たちが最終日へ駒を進めた。

現役復帰した阿部(左)と中川の実力派ペアも16強入り

中断で流れを切り替える

 一方で苦戦を強いられたのが、林田/島津と同じく世界選手権日本代表の高橋/半谷だ。

 高橋/半谷は、3回戦の藤川花菜/大平真由美(東芝姫路)戦でG1-2とリードを許す苦しい立ち上がりを見せていた。しかし、試合は雨のためここで中断。「完全に流れが悪かったので、自分たちにとってはいい中断だった。そこで切り替えられた」とは半谷だ。

 試合再開後、G⑤-4で藤川/大平に勝ちきると、4回戦にも勝利してベスト16に進出。「明日からが本当の勝負になってくる。優勝を狙ってミスを恐れずに自分たちのプレーをしたい」(半谷)と初タイトルに意欲を示した。

頂点へ意欲を見せる高橋(左)/半谷。高橋は出身地の岩手で、輝きを見せる

大会結果は日本連盟HP

取材・文◉吉井信行 写真◉矢野寿明

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社