TOPICS
大会
2019.11.23

【ジュニアジャパンカップ】女子シングルスU-20は流れをつかんだ久保晴華がV! U-17・奥田妃奈、U-14佐藤心美も実力発揮して優勝

第14回ジュニアジャパンカップ◎11/23、24・宮崎県宮崎市生目の杜運動公園、清武総合運動公園

関連キーワード:
三重高時代から実績を残し、今夏のインカレではダブルスで準優勝するなど強さを見せる久保

「競技者育成プログラムStep-4 第14回ジュニアジャパンカップ」が、今年も宮崎県宮崎市で開催。大会初日となった11月23日(土)は、U-14とU-17が生目の杜運動公園で、U-20が清武総合運動公園で、いずれのカテゴリーともシングルスの試合が行われた。自らの力を示そうと集まった精鋭たちにより、熱戦が繰り広げられた。女子は気持ちがブレなかった選手たちが各カテゴリーで頂点に立った。

 まず、藤井優羽(愛知・加木屋中)が都道府県全中シングルス2位の佐藤心美(群馬・桂萱)に挑む形となったU-14の女子決勝戦。試合は佐藤が先に2ゲームを連取すれば、藤井も負けじと3ゲームを続けて奪い返し、勝負はファイナルゲームに。そこでもデュースにもつれるなど最後まで一進一退の攻防が続いたが、最後は佐藤が競り勝って頂点に立った。

 U-17女子は、選抜Vの就実高から奥田妃奈(岡山)が勝ち上がった。決勝で全日本ジュニアシングルス優勝の岩倉彩佳(大分・明豊高)と対戦した奥田は、第1ゲームを先制した後、岩倉に1ゲームを奪われG1−1に。しかし、奥田は第3ゲームのデュースを制して流れをつかむと、一気に3ゲームを連取して栄冠をつかみ取った。

 そして、U-20女子の決勝は、古屋沙也加(日本学連・東京女子体育大)と久保晴華(日本学連・日本体育大)の大学生対決となった。試合は、準決勝で全日本シングルス3位の加奈乃佳(鹿児島・城山ホテル鹿児島)を破るなど勢いのある久保が、古屋を2で退けて優勝を果たした。

シングルスでも力を発揮し始めた奥田

決勝戦はファイナルを競り勝った佐藤

●U-20女子シングルス
優勝:久保晴華(日本学連)
2位:古屋沙也加(日本学連)
3位:加奈乃佳(鹿児島)、小松芹奈(日本学連)

●U-17女子シングルス
優勝:奥田妃奈(岡山)
2位:岩倉彩佳(大分)
3位:大友紅実(三重)、青松淑佳(大阪)

●U-14女子シングルス
優勝:佐藤心美(群馬)
2位:藤井優羽(愛知)
3位:田畑蘭(静岡)、柴田凜(岡山)

取材・文◎吉井信行 写真◎矢野寿明

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社