TOPICS
インフォ
2020.08.27

内本隆文7種類のストローク打ち分け大解剖! フネクシクリニック、高校大会特集など、ソフトテニス・マガジン10月号発売!

8/27発売/夏大会グッズプレゼント/浅川コーチの「レシーブ②」/レジェンド写真解説・西田豊明先生/HOTGUY・玉置大祐、芳村玲

関連キーワード:

ソフトテニス・マガジン2020年10月号が、8/27より発売となりました!

NTT西日本、内本隆文は7つのストロークを打ち分ける

前号に引き続き、巻頭カラーで展開するのはNTT西日本! 今号はそのルーキー・内本隆文選手をフィーチャー! そのストロークの強み、7つに打ち分けるストロークをすべて連続写真で掲載し解説など、保存版です!

7種類のストロークを打ち分ける内本

また、8月6、7日に行われた“フネクシ”ペアこと船水雄太/九島一馬ペアの初イベント「フネクシクリニック」を紹介! 注目のエキシビションマッチのリポートと、講習会の一部内容を紹介しています!

フネクシクリニック終了後、参加者たちと記念にパチリ!

奥田妃奈のトップストローク

毎号気になる連続写真は就実高校3年・全日本U-17の奥田妃奈選手が登場! 見本になるトップストロークを分析しています。

肩の延長線上にきれいに上がったラケット

全国トップクラスの高校が集まって頂点を争った「古賀杯ジュニアソフトテニスカーニバル」など、高校生のさまざまな大会をリポート!

東京都の高校生の個人戦・「東京選手権(2020Tokyo Thanks Match)」のリポートも! こちらは優勝した早稲田実業の吉田(左)/飯干

ソフトテニスの新たな道を模索する二人

「HOT GUYインタビュー」として、今気になる2名をインタビュー! その1は、中京高校時代にインターハイ個人優勝を果たした玉置大祐選手。一般企業で働きながらYouTubeにも取り組み、全国での活躍を目指すその思いに迫ります。

高校2年でインハイ優勝(左)。現在は会社員としての業務に励むかたわら、ソフトテニスの力をアップさせている

その2は、史上3人目、前衛初のプロソフトテニス選手を宣言した芳村玲選手。ソフトテニス界に一石を投じたその思いを語ります。

チャーミングな風貌は一度見たら忘れられない。中学からソフトテニスを始めて全国大会を経験し、大学卒業後一般企業を辞めてプロを宣言した“よしれい”こと芳村玲

 コロナ自粛で大会のない時期を経て、感染予防対策をしながら、少しずつ大会が開かれています。高校生の区切りの大会など、さまざまな大会レポートが誌面に帰ってきました。
 このほか、浅川陽介コーチの「ショットを究めろ」は『レシーブ2』、船水颯人プロのコラム「颯人スタイル」は『これからのソフトテニス』、小峯秋二さんのレジェンド解説『西田豊明先生の流れるような動作(トップ打ち、本人コメントもあり!)』など、好評連載陣も充実の内容でお届け!
 『ソフトテニス・マガジン10月号』、ぜひお手元に1冊!

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社