TOPICS
大会
2021.03.28

【高校選抜・初日】女子部員が初めての副審、享栄高の部員が大役を務める「緊迫感が伝わってきた」

第46回全日本高校選抜大会◎3/28-30 愛知県名古屋市・日本ガイシスポーツプラザ

関連キーワード:
裏方と副審として大会を支えている享栄高の女子ソフトテニス部員。後列左から小野夏実さん、石﨑妃風さん、佐々さきさん、前列左から吉田愛美さん、野々山綺芽さん(初日は1人が欠席)

 2年ぶりに開催されている全日本高校選抜大会で、地元の女子部員が初めて副審を務めている。男子部員はこれまでも務めていたが、女子にも扉を開いた新しい試みの中で、それぞれが貴重な経験を積んでいる。

享栄高の女子部員3人が担当

 全日本高校選抜大会の正審は東海4県の役員が務めており、副審も同様だが、2年前の大会までは一部の副審を地元・愛知の享栄高男子ソフトテニス部員が担当。今大会はそれを女子にも広げ、同高の女子ソフトテニス部員が試合を裁くことになった。

 初日は3人が副審を務めた。新3年生の吉田愛美さんは「すごく緊張したけど、試合が長かったので、だんだん慣れてきました」と笑顔。「いつもは大会に出場する側ですが、裏方の仕事を、しかも大きな大会でやることができて、いい経験になります」と振り返った。同じく新3年生の野々山綾芽さんは「緊迫感が伝わってきて、緊張しましたけど、いい経験ができました」、新2年生の佐々さきさんは「最後の方は、最初の頃より自分に自信が持てて、しっかりやることができました」と語った。
 
 全国大会のハイレベルのプレーを間近で見て、選手としても大きな刺激を受けたという。野々山さんは「(インターハイ予選まで)あと半年もないくらいですが、少しでも今日の選手みたいになれるように、また練習を頑張りたい気持ちになりました。全国大会へのあこがれも、すごく強くなりました」と目を輝かせた。吉田さんは「自分には持っていないものがたくさんあって、すごいな、と感心しました」と驚き、佐々さんは「私は後衛で、ラリーでミスをしたり、ボールが単純で前衛にボレーされることが多いんです。ロブも使って、いつものプレーができるようになれれば」とヒントを得ていた。

 女子部員の副審は2日目も担当がある予定。他にも裏方としての仕事をこなしながら試合を裁き、春の日本一を懸けた大会を支える。

 ※吉田さんの『吉』の字は、正しくは土の下に口

3番勝負の緊張感の中で副審を務めた野々山さん

機敏な動きで副審を務めた佐々さん

初めて日本ガイシホールのコートに入って「大きいな、と思った」という吉田さん

小野夏実さんは2日目に初めて副審を務めた

取材・文◎石倉利英 写真◎川口洋邦(試合)、石倉利英(集合)

2019年実施(2018年度)全日本高校選抜大会
男子結果>>優勝:高田商業(奈良)(2年ぶり12回目)
女子結果>>優勝:就実(岡山)(13年ぶり4回目)

2020年(2019年度)全日本高校選抜・中止→関連記事

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社
ベースボール・マガジン社