TOPICS
インフォ
2021.03.31

神栖市オンラインクリニックが開催!!

プロソフトテニスプレーヤーの船水雄太選手と、YouTube やカンボジア代表コーチなど 多方面で活躍する荻原雅斗氏が講師として登場

関連キーワード:

春の陽気に恵まれた2月21日、茨城県神栖市の海浜運動公園庭球場でプロソフトテニスプレーヤーの船水雄太選手と、YouTube やカンボジア代表コーチなど多方面で活躍する荻原雅斗氏(ともにエースマネジメント)を講師に迎えて、初のオンラインクリニックが開催された。Zoom を通して多くの中学生や指導者が参加したクリニックの模様をレポートする。

【主催】神栖市                                     【運営協力】神栖市ソフトテニス連盟

↑会場となった神栖市海浜運動公園庭球場には、24面(照明4面)のテニスコートが整備されている

快適な環境と充実した設備のテニスコート

 茨城県の南東部に位置し、夏は涼しい海風が吹き抜け、冬も数年に一度しか雪が降らないなど、一年中温暖な気候の神栖市。その神栖市にある海浜運動公園庭球場で、プロソフトテニスプレーヤーの船水雄太と、カンボジア代表ヘッドコーチを務める荻原雅斗による初のオンラインクリニックが、2月21日に市の主催で開催された。                              「この海浜運動公園庭球場には24面のテニスコートがあるのですが、それを市内の方だけではなく、市外の方にも知っていただきたいというのが目的です」
 今回のイベントについて、そう話してくれたのは神栖市観光振興課の山本剛氏だ。2016年には全日本社会人選手権が開催されたように、テニスコートのある海浜運動公園だけでも十分な設備を備えているが、市内には約100面のサッカー場や体育館(防災アリーナ)があるなど、神栖市内にはスポーツ施設が充実。また、周辺には宿泊施設も充実しており、「市としてスポーツツーリズムに力を入れていますし、スポーツ合宿に特化した宿もたくさんあります。合宿などに適した地域だと言えると思います」と山本氏はいう。もともと、今回のイベントは子どもたちを会場に呼んで行う予定だった。しかし、茨城県独自の緊急事態宣言が発令されたため、オンラインイベントに変更。
「この場所に一度来ていただいて、実際にスポーツをしてもらいたかったんです。それで、合宿などをするときの選択肢に入れていただければと考えていました。今回はオンラインという形になりましたが、今度は実際に足を運んでいただいて、テニスをしていただきたいと思います」(山本氏)
 また、神栖市はジュニアからシニアまで年間で5大会を独自開催するなど、ソフトテニスが盛んな土地柄でもある。
「神栖市ソフトテニス連盟がサポートする形でのテニス教室は、40年以上続けています。そうした活動が積み重なって盛んになってきました」とは、神栖市ソフトテニス連盟会長の伊藤雄二氏だ。
「今回のオンラインクリニックという形は、コロナ禍だからできたイベントだと思います。こうした活動を通じて、競技人口を増やしていきたいですね」

思い出の地でのクリニック

 ちなみに、前述の神栖市で行われた全日本社会人において、優勝したのが今回、講師を務めた船水雄太だ。「ここから全日本のキャリアがスタートしたと言っても過言ではありません」(船水)というほど、思い出深いコートで始まったオンラインクリニック。
 その内容は「前衛や後衛に限定せず、マルチスキルという観点で、ウォーミングアップから最後のドリルまで一連の流れが繋がるメニューを意識してやりました」(船水)と、前半は自分の身体を思うように動かすためのコーディネーション系のメニューからスタート。その後、インパクトの精度を高めるためのインパクトスキルやサービスドリルなどを紹介。後半には後衛・前衛ドリルを実践して、たっぷりと練習メニューや上達へのアドバイスが紹介された。↑“脳から指先までの伝達”をテーマに、コーディネーション系のトレーニングも紹介された

 また、2時間の間にはオンラインクリニック参加者からの質疑応答の時間も設けられ、参加者からは「コロナ禍でできる心技体のトレーニングはありますか?」「トップ打ちのコツを教えてください」「ロビングをベースライン付近に落とすためには?」など様々な質問が寄せられた。これに対し、講師の2人はポイントや練習方法などを丁寧に答えていた。

 講習会を終えて、「画面の向こう側で見てくれている人たちに向けて、また質問を受けてという形は初めてだったので、僕たちも勉強になりました」と荻原コーチ。
「つまずくポイントはある程度決まっています。そこをきちんと教えてあげられれば、もっとこの競技を楽しいと思ってもらえる。僕たちがやらなければいけないのは、一人でも多くの中学生に、それを伝えることだと感じました」
 2月にも関わらず、気温が20度を超えるなど汗ばむ陽気となったものの、海風のおかげで心地よい環境のなかでオンラインクリニックは無事に終了。みなさんも神栖市海浜運動公園庭球場に一度、足
を運んでみてはいかがだろうか。

AAS Management(エースマネジメント)https://aasmanagement.com/

                                    

神栖市合宿おすすめポイント!

● 24面の砂入り人工芝テニスコート
●大会主催者・合宿幹事サポート
●豊富な宿泊施設は感染症対策ばっちり!!
●合宿の食事に最適、アスリート向けレシピ「かみスポ飯!!」を開発
●かみスポ合宿でキャッシュバックキャンペーンを実施中                    

ぜひ!! 神栖市で合宿や大会を開催してみては?

【問い合わせ】
神栖市観光振興課スポーツツーリズム推進室
T E L:0299-90-1161
Email: kanko@city.kamisu.ibaraki.jp                             神栖市スポーツツーリズム公式ホームページはこちら

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社
ベースボール・マガジン社