TOPICS
大会
2021.06.26

【ハイジャパ2021・2日目】女子シングルスは経験豊富な濱島怜奈(修大協創)が優勝。劣勢にも冷静に対処できる強み生かす

第50回ゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップ2021◎6/25~27 札幌円山公園庭球場

関連キーワード:
高校最後の1年にタイトルを手にした濱島

 札幌市の丸山公園庭球場にて、第50回ゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップ2021が始まった。大会2日目は午前9時から男女シングルス準決勝が行われ、女子シングルスは濱島怜奈が優勝した。

 小学校6年生の白子でのシングルス優勝にはじまり、都道府県全中のシングルス連覇などで勝利を手にしてきた濱島だが、高校最後のハイジャパでも頂点へ。ただ、今回は追い掛ける試合が多かったが、そんな時にこそ真価が発揮された。

「正直、追いかけるのはきつかったです。焦っていたときもありましたが、できるだけ冷静にと意識するようにしていました」と濱島。

 短いボールを効果的に使いながら、「どうしても欲しかったタイトル」を手にした。技術、内面ともに、シングラーとしての将来性を感じさせるが、これから上の人たちとやっていくときも、「向かっていく」つもりだ。

◆最終日の結果
▼決勝
濱島怜奈(修大協創)④―1松橋由依(和歌山信愛)
▼準決勝
濱島怜奈(修大協創)④―3佐々木夏(中村学園女子)
松橋由依(和歌山信愛)④―2岩元望美(和歌山信愛)

準優勝の松橋由依(和歌山信愛)はこの大会に向けて取り組んだ成果を示した

フットワークもよく、コーナーの打ち分けなどの正確性が魅力だった3位の佐々木夏(中村学園女子)

経験は少ないが1年生として4強に進出した岩元望美(和歌山信愛)

取材◎福田達 写真◎井出秀人

 

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社
ベースボール・マガジン社