TOPICS
インフォ
2021.07.20

【動画】「浅川コーチのショットを究めろ!」第15回 ツイストとバックハンドスライス

ソフトテニス・マガジン◎2021年9月号P36-43

関連キーワード:
ツイストは状況を変えるショットでもある

 元天皇杯チャンピオンの浅川陽介プロコーチが、テニス歴の浅い中高生にショットの基本をレクチャーする。今回取り上げるのはツイストとバックハンドスライス。どんなときに使い、どんな打ち方をするのかを解説しよう。

 当然のことだが、初級者も練習と試合経験を積んでいけばうまくなっていき、レベルが上がっていく。そして、覚えるショットも増えてくる。今回のボールの勢いを殺すツイストと相手の攻撃をしのげるバックハンドスライスも、中高生にぜひ覚えてほしいショットだ。

 浅川コーチ曰く、「ツイストはレシーブで使うことが多い。相手の陣形を崩すことができる」。一方、バックハンドスライスは「シュートボールとロビングを場面によって使い分けるといい」とアドバイスする。本誌の記事と動画の2本立てでショットをモノにしよう!

解説=浅川陽介
HY-PROJECT代表。ヨネックスアドバイザリースタッフ。日本代表として内外で活躍。世界ランキング最高1位。天皇杯に2度優勝の他に数え切れないタイトルを獲得。2010年に引退後は、民間スクール、行政管轄でも技術指導を行うプロコーチ。同時にソフトテニスの普及と強化のためにスクール、大会、講習会などを全国各地で開催。レベルや年齢に合わせた指導を行っている。元全日本U-20コーチ。https://hysofttennis.jp

協力=梁田亮(日本体育大学4年。済美高校卒)、久保晴華(同4年。三重高校卒)、浪岡菜々美(同2年。三重高校卒)

 

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社
ベースボール・マガジン社