TOPICS
高校
2023.12.17

【DREAM MATCH2023】男子は上岡俊介/丸山海斗(Up Rise)が3連覇達成! 女子は笠井佑樹/久保晴華(ナガセケンコー)が頂点に

JAPANソフトテニスアカデミーIn姫路DREAM MATCH 2023◎2023年12月17日/兵庫県姫路市・ヴィクトリーナ・ウイング体育館

関連キーワード:
長身でリーチのある丸山がネットにつき、相手のシュートやロビングを押さえ、相手の攻撃をことごとくつぶした

 国内の社会人、大学生、高校生のトップペアが兵庫県姫路市に集結して、頂点を争った「JAPANソフトテニスアカデミーIn姫路DREAM MATCH 2023」が、今年も兵庫県姫路市のヴィクトリーナ・ウイング体育館にて開催された。

 社会人ペアが2ペア、大学生ペアが3ペア、高校生ペアが1ペアという構成だった男子。3ペアずつ2ブロックに分けれて予選リーグが行われた結果、2連覇中の上岡俊介/丸山海斗(Up Rise)と、三つ巴をものにした米川結翔/池口季将(明治大)が決勝へ。

「(今大会は)7ゲームマッチだったので、1ゲーム目、2ゲーム目を大事に入った」と上岡。上岡のカットサービスから丸山が相手のレシーブをことごとく押さえ、先制攻撃。米川/池口もカットサービスからダブルフォワードで応戦し、G2オールと並行カウントとしたものの、その後は上岡/丸山が守備範囲の広いテニスで米川/池口のコースを封じて、G④―2で勝利し、3連覇を決めた。

安定感があり、持ち味である雁行陣で貫禄のテニスを見せた上岡

男子2位はインカレ大学対抗Vの明治大・米川/池口

 今秋のアジア競技大会日本代表4選手なども参加した女子は、貝瀬ほのか/渡邉絵美菜(ヨネックス)が昨年の覇者・高橋乃綾/岩倉彩佳(どんぐり北広島)をG④―0で倒し、インハイ複チャンプで全日本選手権2位の前田梨緒/中谷さくら(須磨学園高)をG④―2で振り切って、全勝。もう一方のブロックでは、先日の全日本選手権優勝の志牟田智美/根岸楓英奈(東芝姫路)をG④―1で倒すなどした笠井佑樹/久保晴華(ナガセケンコー)が三つ巴の結果、決勝進出を果たした。

 決勝はそれぞれアジア競技大会日本代表だった渡邉、久保を擁し、貝瀬と笠井が配球よくラリーを続けていたが、G2-1で笠井/久保がリードで迎えた第4ゲーム、渡邉が足を負傷し、続行不可能となって棄権。同時に、笠井/久保の初優勝が決まった。

笠井の巧みな配球と久保のポジショニングや叩く力などが冴え、初の頂点に立った

決勝は残念だったが、準決勝までは要所を相手に渡さないテニスで強固な強さを見せつけた貝瀬/渡邉

 

取材・文◎八木陽子 写真◎石井愛子

注目の記事

映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社
ベースボール・マガジン社
ソフトテニス・マガジンお詫びと訂正