TOPICS
全日本/総合
2024.02.25

【FAS CUP】女子の賞金大会、香川県で開催! 引退の貝瀬/渡邉(ヨネックス)がラストマッチで頂点へ

FAS CUP 2024◎2月24、25日/香川県・善通寺市民体育館

関連キーワード:
決勝戦は高校時代のペア、貝瀬と古田が対戦した

「FAS CUP SOFT TENNIS TOP16」が2月24日(土)と25日(日)、善通寺市民体育館で開催された。昨年、香川県下ソフトテニス大会における初の賞金大会として行われた「FAS CUP」。その時は国内男子の有力選手12ペアが参加したが、2回目となる今大会は女子選手を対象とし、国内主要大会の優勝ペアを中心に海外招待選手も含め、16ペアが優勝を争った。

 初日の予選リーグは、4ブロックに分かれて4ペアによるリーグ戦を行い、各ブロックの1位と2位が2日目の決勝トーナメントに進んだ。

 準決勝では、原口美咲/古田麻友(ワタキューセイモア)が浪岡菜々美/久保晴華(日本体育大/ナガセケンコー)にG⑤-1、貝瀬ほのか/渡邉絵美菜(ヨネックス)が前田梨緒/中谷さくら(須磨学園)にG⑤-1とそれぞれ快勝し、決勝に駒を進めた。

 原口/古田対貝瀬/渡邉の決勝は、今年度限りでの引退を表明していた貝瀬/渡邉が、序盤から相手を圧倒し、主導権を握る。渡邉は「自分のプレーを最後まで出しきって、それをみなさんに見てもらえたら」とネット付近で躍動。「予選リーグを終えた夜から、明日はいけるという気持ちがあった」という貝瀬も、キレのあるストロークで相手を押し込んだ。

 1ポイントも奪えずに2ゲームを先取される形になった原口/古田だったが、第3ゲームからペースを取り戻し、原口の落ち着いた組み立てから古田がボレーで決める場面が増えていった。ただ、第3ゲームからの3ゲームは、いずれもデュースにもつれ込む接戦になりながら、ここ一番のポイントでは貝瀬/渡邉が決めきり、G⑤-0で完勝。現役ラストマッチを有終の美で飾った。

 第一線から退くことについて、「あまり実感がない」と声をそろえた貝瀬/渡邉は、同じく今年度限りで引退する志牟田智美(東芝姫路)とともに、閉会式で労いの花束を贈られ、充実感にあふれた表情を浮かべていた。

■最終結果
▼決勝
貝瀬ほのか/渡邉絵美菜(ヨネックス)⑤-0原口美咲/古田麻友(ワタキューセイモア)
▼準決勝
原口美咲/古田麻友(ワタキューセイモア)⑤-1浪岡菜々美/久保晴華(日本体育大/ナガセケンコー)
貝瀬ほのか/渡邉絵美菜(ヨネックス)⑤-1前田梨緒/中谷さくら(須磨学園)

お互い多くの思い出とともに勝負のコートを去る

取材・文◎小野哲史 写真◎ぉまみ

注目の記事

まだデータがありません。

映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社
ベースボール・マガジン社
ソフトテニス・マガジンお詫びと訂正