TOPICS
大会
2015.08.04

女子団体戦最終日! 昨年2冠の三重を白鴎大足利が破る

近畿インターハイ2015

関連キーワード:
PHOTO/HIDETO IDE 優勝候補の三重を倒した白鴎大足利(栃木)
 8月4日(火)、奈良県立橿原公苑明日香庭球場にて、「近畿インターハイ」ソフトテニス女子・団体戦が最終日を迎えた。朝8時半、2回戦からスタートし、前日の1回戦を勝ち抜いた16校に、この日初戦を迎える16校が加わり熱戦を展開している。
 3回戦を終え、8強は次の通り
和歌山信愛(和歌山)
脇町(徳島)
昇陽(大阪)
高岡西(富山)
白鴎大足利(栃木)
文大杉並(東京)
東北(宮城)
中村学園(福岡)
 2回戦で金星を挙げたのは白鴎大足利(栃木)。昨年インターハイ2冠の三重を3番勝負で破った。次ぐ3回戦では佐賀清和を退け、インターハイで初めて8強入りを果たした。同じく2回戦では、岡崎城西(愛知)が、中国ブロック王者の修大附鈴峯(広島)を2-1で倒している。
 前日に終了した個人戦の1位、2位ペアを擁する和歌山信愛、3月開催の選抜大会2位の高岡西(富山)、インターハイで強さを発揮する中村学園女子(福岡・選抜4強)昨年インターハイ3位の昇陽(大阪)、関東選手権1位の文大杉並(東京)らは順当に3回戦を突破した。
 容赦のない日差しが連日降り注ぐ明日香コート。優勝までにはシード校でも5試合を勝ちきらなければならない。個々の技術、チームの戦略とまとまり、個人戦から続く激戦に耐える心身の持久力--。1ポイントごとにラリーが長く続く女子の戦いにおいて、『勝者の条件』は過酷をきわめる。
(ソフトテニス・マガジン編集部)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社
ベースボール・マガジン社