TOPICS
大会
2018.08.03

【インハイ】18年ぶりの優勝を決めた昇陽(大阪)の蓮岡若奈/吉田澪奈「練習から試合での形を意識してきた」

女子3日目団体戦:インターハイ2018◎7/30-8/6三重県・三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場

関連キーワード:
蓮岡(右)/吉田

7月30日(月)から8月6日(月)にかけて、ソフトテニスのインターハイが三重県鈴鹿市で開催されている。8月2日は女子団体戦が行われ、昇陽(大阪)が18年ぶり6回目の優勝を果たした。

3面展開の激闘は1番で決着!

 19時20分過ぎ、夜間照明に照らされたコートでの3面展開で始まった昇陽(大阪)と北越(新潟)の決勝。最初に3番が昇陽の勝利、次に2番が北越の勝利で終わり、1番の蓮岡若奈/吉田澪奈(昇陽)vs田中遥奈/阿部瑞希(北越)に日本一が懸かることになった。

2番が終わった時点でG2-3とリードを許していた蓮岡/吉田は、第6Gを取ってタイに。追い付いた勢いを持続したファイナルでは、6連続ポイントでマッチを握り、⑦-1で栄冠を勝ち取った。勝利の瞬間、駆け寄ったチームメートとともに喜びを分かち合った2人に試合後、話を聞いた。

「吉田さんのおかげです」(蓮岡)

――蓮岡さんは決勝で、どんなことを意識してプレーしましたか?

蓮岡 テンポを変えることと、何本も何本も粘り強く打って、最後は吉田さんに決めてもらえるように意識していました。

――⑦-1と圧倒したファイナルは、7ポイント中6本が吉田さんのスマッシュ、またはボレーでした。

吉田 ファイナルになった時点で、それまでの相手の情報を江口(直樹)監督と共有できていました。ファイナルでは蓮岡の配球が良かったので、信頼して動くことができました。頼れる後輩です!

――2人は今年の選抜でもペアを組んでいました。インターハイに向けて、どんなことを積み重ねてきましたか?

吉田 選抜で負けてから(準決勝で和歌山信愛に敗れて3位)、自分たちは3番に置かれるという意識があったので、練習から試合での形を意識して、実際の試合で出せるように、1本1本をミスなく仕留められるように考えてやってきました。

蓮岡 私はすごく緊張するタイプなんですけど、吉田さんが何げない会話でも笑顔で話してくれるので、気持ちも楽になりました。本番の試合にもすっきりした状態で入ることができたのは、吉田さんのおかげです!

――決勝は1番で出ましたが、最終的に日本一が懸かった対戦となりました。緊張しましたか?

蓮岡 はい。でも、やるしかないと思っていました。

吉田 負けることは考えず、監督や違う高校の選手たちも応援してくれていたので、その人たちのためにも金メダルを取って帰ろうと思っていました。うれしいです!

G2-3とされてからも積極的に攻めた蓮岡(左)、吉田


文と写真◎石倉利英 写真◎川口洋邦(試合)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社