TOPICS
大会
2018.09.09

【全日本社会人】女子はナガセの中川/芝崎が「挑戦者の気持ちで」初優勝

第46回全日本社会人選手権大会◎9/8、9静岡県・草薙総合運動庭球場他

関連キーワード:
一般女子優勝の中川瑞貴/芝崎百香(ナガセケンコー)

最後まで攻めの姿勢でプレーした中川/芝崎

 9月8日(土)、9日(日)に静岡県・草薙総合運動庭球場、静岡市有度山総合公園運動施設テニスコート、浜松市花川運動公園テニスコートで行われた『第46回全日本社会人ソフトテニス選手権大会』。2日目の9日には一般男女の両種目がメイン会場である草薙総合運動庭球場で行われ、女子はナガセケンコーの中川瑞貴/芝崎百香が初優勝を果たした。

 中川/芝崎は、準決勝で、先のアジア大会で日本の団体金メダルに貢献した日本代表の高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島※高橋はアジア大会でシングルスでも金メダルを獲得)と対戦。G0−2から逆転し、ファイナルの接戦を制して決勝へ進むと、その決勝では木谷優美/高杉梨奈(福井STクラブ)をG④−2で下して、ペアとして初の全国タイトルを獲得した。

「今まで大会で勝ちきったということがなかったので、素直にうれしい」とチームのキャプテンを務める中川が言えば、後輩の芝崎も「今年はタイトルを取ることを目標としていたので、目標がかなった」と笑顔で喜びを語った。準決勝では日本代表ペアに対して、攻めのプレーが光った2人だが、「私たちは、今年はずっと思うように勝てないことが多かったので、どの対戦相手に対しても挑戦者という気持ちだった」と中川。そのチャレンジャー精神が、最後まで攻めの姿勢でプレーすることにつながったという。

 社会人新女王の次なるターゲットは、10月の皇后杯。「まだまだできることがあるので次の試合までに課題を強化したい」(芝崎)、「次もまた挑戦者として向かっていくつもり」(中川)と、初優勝にも満足せずに次の目標を見据えていた。

準優勝の木谷は「国体で団体優勝したい」

 一方、決勝で敗れた木谷/高杉だが、8強決めで田辺恵理/小林美咲(どんぐり北広島)、準々決勝で徳川愛実/草野絵美菜(ヨネックス/Palaistra)を破るなど勢いがあった。準決勝では、昨年優勝の前衛・大槻麗(ダンロップ)と岡本愛佳(八王子庭球クラブ)のペアを0に抑えた。

 所属する福井STクラブは、10月の福井国体に向けての強化中ということもあり、その成果を見せた形だ。ペアそれぞれが全国大会の個人戦では初となる決勝進出を果たしたが、「目標は優勝だった。決勝でのミスが悔しい。次は決められるようにしたい」(高杉)、「もう一つレベルを上げて、国体では団体優勝したい」(木谷)と10月の国体に向けて抱負を語った。


取材・文◎田辺由紀子

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社