TOPICS
大会
2018.10.20

【全日本選手権】皇后杯、植田/石井が高橋/半谷を破って8強入り! 昨年女王の林田/宮下は快勝で準々決勝へ

第73回天皇賜杯・皇后賜杯全日本選手権大会◎10/19-21熊本県・県民総合運動公園メインテニスコート

関連キーワード:
170cmの植田(左)と148cmの石井(右)のワタキューセイモア凹凸ペアが昨年準Vの高橋/半谷(どんぐり北広島)を撃破

10月19日(金)から21日(日)まで熊本県・熊本県民総合運動公園メインテニスコートで開催されている『第73回天皇賜杯・皇后賜杯全日本ソフトテニス選手権大会』。好天に恵まれた大会2日目の20日(土)は、男女とも3回戦から5回戦までが行われ、ベスト8が出そろった。

昨年準Vの高橋/半谷がワタキュー植田/石井に敗れる

女子では、昨年準優勝、第2シードの高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島)が5回戦で敗れる波乱があった。

アジア競技大会で金メダルを獲得している日本代表ペアを破ったのは、植田幸寿保/石井友梨(ワタキューセイモア)。ダブルフォワードの高橋/半谷に対し、「大会前からしっかりダブルフォワード対策を練ってきた」という植田/石井は速い展開にも冷静に配球し、終始、接戦を繰り広げながら、最後はG4-3から2本目のマッチポイントで勝利を決めた。

「このところペアリングとしてうまくプレーができていなかったので、割り切って、向かっていく気持ちで大会に臨んだ」と石井が言えば、植田も「メンタル面が大きい。この皇后杯までいい結果が残せていなかったので、皇后杯に向けて、自分たちのプレーを見直して、どうしたらいいかを考えて準備してきた」とうなずく。

高橋/半谷を破った瞬間は、歓喜のガッツポーズを見せた2人だが、「これで終わりではなく、まだ明日がある」(石井)と、すぐに明日に気持ちを切り替えていた。

その植田/石井が準々決勝で対戦するのは、西日本選手権覇者の志牟田智美/泉谷朋香(東芝姫路)。植田/石井は、西日本選手権の決勝で敗れており、「今日のように向かっていくプレーをしたい」(石井)、「1本1本、自分のプレーを出していきたい」(植田)と、まずは山場となる準々決勝に向けて意気込みを語った。

再結成の女王、林田/宮下が快勝で準々決勝へ

一方、昨年優勝の第1シード、林田リコ/宮下こころ(東京女子体育大/明治大)は、久々となるペア再結成にも、快勝続きで、準々決勝へコマを進めた。

大学生では、薮内祥子/古田麻友(関西大)が、全日本社会人準優勝の木谷優美/高杉梨奈(福井STクラブ)、インカレ準優勝の塚川優女/地中葵(神戸松蔭女子学院大)を破って、ベスト8入り。明日の準々決勝は、林田/宮下との大学生対決となる。

8強進出の林田/宮下(東京女子体育大/明治大)。今年度から所属が分かれた2人だが、女王の貫録を見せた

そのほか、全日本社会人王者の中川瑞貴/芝崎百香(ナガセケンコー)をはじめ、森田奈緒/黒木瑠璃華(ヨネックス)、田辺恵理/小林美咲(どんぐり北広島)、徳川愛実/草野絵美菜(ヨネックス/Palaistra)と、実力のある社会人ペアが8強入りを決めている。

10月21日(日) 女子準決勝
林田リコ/宮下こころ(東京女子体育大/明治大)vs
薮内祥子/古田麻友(関西大)

徳川愛実/草野絵美菜(ヨネックス/Palaistra)vs
田辺恵理/小林美咲(どんぐり北広島)

中川瑞貴/芝崎百香(ナガセケンコー)vs
森田奈緒/黒木瑠璃華(ヨネックス)

志牟田智美/泉谷朋香(東芝姫路)vs
植田幸寿保/石井友梨(ワタキューセイモア)


取材・文◎田辺由紀子 写真◎江見洋子 協力◎日本ソフトテニス連盟

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社