TOPICS
大会
2020.01.19

社会人女子10連覇! 男子は学生が連覇!

ルーセントカップ第53回社会人・学生対抗インドア/愛知県・スカイホール豊田

関連キーワード:

  1月19日(土)に愛知県・スカイホール豊田で『ルーセントカップ第53回全日本社会人・学生対抗インドア大会』が行われ、女子は社会人が④ー1で貫禄の勝利。昨年の9連覇を更新し10連覇を達成した。社会人女子は10年連続37回目の優勝となる。

女子社会人が10連覇! 両手で10をつくるメンバーたち

   男子は学生が⑤-2で社会人を抑え、2年連続の勝利。学生の通算は16勝となった。

学生男子は連覇

   対抗戦勝者による優勝トーナメントは、男子・内本隆文/上松俊貴(早稲田大)がG④ー2で中本圭哉/鈴木琢巳(福井県庁)を下し頂点へ。上松は連覇となる。

男子トーナメント優勝・内本(左)/上松

準優勝・中本(右)/鈴木

   女子優勝トーナメントは社会人同士の決勝となり、前回の覇者・高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島)が、徳川愛実/黑木瑠璃華(ヨネックス)と競り合い、G3−2と先行するがファイナル勝負へ。⑪ー9で徳川/黑木が勝利を収めた。

女子トーナメント優勝・徳川(左)/黑木

女子準優勝・高橋(左)/半谷

男子対抗戦結果

女子対抗戦結果

 

2020社会人男子チーム

2020学生女子チーム

記録詳細は愛知県ソフトテニス連盟HPへ
大会レポートは2/27発売『ソフトテニス・マガジン4月号』に掲載予定。

協力◉愛知県ソフトテニス連盟 写真◉川口洋邦

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社