TOPICS
大会
2023.03.28

【全日本高校選抜】尽誠学園、センバツ2連覇! 決勝の相手は、昨年同様、高田商業との対決に!

第48回全日本高校選抜大会◎3月27~30日/愛知県名古屋市・日本ガイシホール

関連キーワード:
昨年、選抜を経験した藤崎、インハイ団体を経験した野本、坂口を軸に、皆で支え合い、熾烈な戦いを戦い抜き、日本一を勝ち取った尽誠学園

 8強決めから始まった、高校選抜の男子最終日。上位ラウンドになるほどにコート上、そして会場のボルテージは加速し、頂上決戦の舞台には、昨年と同じ、尽誠学園と高田商業が勝ち上がってきた。その結果、ファイナルにもつれる三番勝負の末、尽誠学園が選抜2連覇を成し遂げた。

 熾烈な準々決勝を抜け、準決勝に進出したのは、第1シードの尽誠学園(香川)、第2シードの高田商業(奈良)、第3シードの東北(宮城)、地元愛知の岡崎城西だった。

 準決勝、尽誠学園vs岡崎城西の一戦は、昨夏のインハイ団体2回戦で大激闘を演じたカード。岡崎城西は終始、好ラリーを見せたが、第1試合をファイナルで落とし、第2試合をG1-④で屈し、この選抜ではリベンジはならなかった。

 そして、ここまで今一つ乗りきれずにいた高田商業は、準決勝は一気にギアが入った。強気に臆することのない難敵・東北の、「らしさ」を封じる。トップの島尾/保住が齋藤/大澤を、田中/安達が根岸/中尾をともにG④―2で振りきった。

 昨年春の選抜、夏のインハイ団体、秋の国体(それぞれ単独チーム)と頂上決戦を戦い、メインメンバーは変わりながらも、尽誠学園、高田商業の両チームは再び、決勝へと勝ち進んだ。

 2面展開でスタートした決勝。まず、第2試合の決着がついた。互いに2年生ペアで主軸ペアの尽誠学園・藤崎/野本、高田商業・田中/安達の一戦は、藤崎ペアがラケットの振り切りよく、手ごわい田中ペアに対し、G3-0とリードを広げる。第4ゲーム、田中ペアは「高商」の意地を見せ、デュースで粘り続けるが、藤崎ペアが⑦―5で振りきって先勝。その後、そのコートでは尽誠学園・米川/小山、高田商業・鈴木/結城の第3試合が始まる。

 隣のコートの第1試合、尽誠学園・坂口/宮田、高田商業は島尾/保住は、坂口ペアが2ゲーム奪えば、すかさず島尾ペアもG2オールに挽回。再び坂口ペアが第5ゲームを⑧―6でゲットするが、島尾ペアは第6ゲームをものにし、ファイナルゲームへなだれ込む。ファイナルは島尾ペアが波に乗り、0-1から5ポイント連取するが、坂口ペアも意地を見せ、1-5から3-6,6オールまで追いつく。しかし、挽回もここまでとなり、最後は島尾のストレートパス、保住のアグレッシブなスマッシュが決まり、ファイナルを制して、高田商業が1勝1敗のタイに戻す。

 そのころ、三番勝負はG1-3から強い気持ちでジリジリと挽回してきた米川ペアがファイナルに追いつく。一方で鈴木ペアも1-4にされても決して引くことなく、相手の失点や鈴木のネットインで4-4、5-4とリードをも奪う。だが、「最後は強い気持ちで」と語った米川/小山が仕掛け、相手のミスを誘って6-5とマッチを奪う。12ポイント目、両校のプライドがぶつかり合うような激しいラリーとなったが、小山のダイビングフォローなどで尽誠学園がラリーを止めず、最後は相手打球がラインを割り、尽誠学園が2年連続の選抜制覇を達成した。

「2連覇はかかっていましたが、僕らのチームは昨年とはチーム力が違うので、とにかく向かっていく姿勢を貫きました」と、今年のチームの主軸で、昨年のインハイ団体メンバーの野本。尽誠学園・森監督もまた「熾烈な戦いなることはわかっていました。とにかく1つ1つ目の前の一戦に集中することだけでした」と振り返る。タレント揃いだった昨年のチームとは異なるが、新生・尽誠学園は「今できること」に集中し、紙一重の戦いを勝ち抜いた。

三番勝負、G1-3からファイナル勝利でチームを優勝に導いた米川/小山の尽誠学園1年ペア

尽誠学園は、先輩たちが見せてくれた日本一、それを見て、感じた経験を武器に、準決勝は実力ある岡崎城西から勝利を奪い、初の三番勝負となった高田商業との決勝も勝ち抜いた

昨年の選抜に引き続き、決勝で涙をのんだ高田商業だが、「高商のプライドを」と越智監督の檄により、準決勝では鮮やかな勝利で決勝進出を決めた

決勝第1試合、ファイナル勝利で一矢報いた高田商業の島尾/保住

取材・文◎八木陽子 写真◎矢野寿明

注目の記事

まだデータがありません。

映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社
ベースボール・マガジン社
ソフトテニス・マガジンお詫びと訂正