TOPICS
大会
2019.04.04

鶯谷の初4強に貢献した配球の匠、河村笑花(鶯谷)【夏のスター候補⑤】

第44回全日本高校選抜大会◎3/28-30愛知県豊田市・スカイホール豊田

関連キーワード:
永田とはジュニア時代からのペアで2016年全中個人準V。河村笑花(鶯谷高3年/右利き/後衛)

 全日本高校選抜大会は男子・高田商業、女子・就実が春の高校チャンピオンに輝き、幕を閉じた。高校生の次なる頂上決戦は、7月25日~8月1日に宮崎で行われるインターハイ。センバツで輝いた、夏のスター候補プレーヤーたちを紹介する。

「1番の役割を果たせてよかった」

 永田玲奈と組んで4戦全勝し、大将ペアとしてベスト4進出の原動力となった。しっかりとしたフットワークに配球のうまさもあり、準決勝では文大杉並の佐古香織/西東彩菜に1番で勝利。

「格上の相手なので挑戦する気持ちで臨んで、1番の役割を果たせてよかった」と笑顔を見せた。


取材・文◎直江光信 写真◎矢野寿明

2019年選抜
男子優勝:高田商業高校[奈良](2年ぶり12回目)
女子優勝:就実高校[岡山](13年ぶり4回目)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社