TOPICS
大会
2019.04.04

精度と破壊力を兼ね備えたスマッシュを誇る、空飛ぶ前衛・荒木駿(羽黒)【夏のスター候補⑥】

第44回全日本高校選抜大会◎3/28-30愛知県豊田市・スカイホール豊田

関連キーワード:
羽黒のキャプテンでチームは昨年に続き4強。澤田/荒木は4戦全勝だった。荒木駿(羽黒高3年/右利き/前衛)

 全日本高校選抜大会は男子・高田商業、女子・就実が春の高校チャンピオンに輝き、幕を閉じた。高校生の次なる頂上決戦は、7月25日~8月1日に宮崎で行われるインターハイ。センバツで輝いた、夏のスター候補プレーヤーたちを紹介する。

「インドアよりも外で力を出せる」

 精度と破壊力を兼ね備えたスマッシュで何度も観客席をどよめかせた前衛。181cmの長身から叩きつけるボールは他の選手と音の違いがはっきりわかるほど。

「インドアより外のほうが自分たちの力を出せると思う」と夏に向けて意気込みを口にした。


取材・文◎直江光信 写真◎矢野寿明

 

 

2019年選抜
男子優勝:高田商業高校[奈良](2年ぶり12回目)
女子優勝:就実高校[岡山](13年ぶり4回目)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社