TOPICS
大会
2019.06.04

【インハイ予選ルポ】全国行きを懸けた最後のリーグ戦、島根県女子個人戦

【インハイ予選2019】島根女子個人/5月30、31日 出雲市浜山公園

関連キーワード:
島根予選個人戦5位でインハイ出場を決めた平田/山根(浜田)

 令和最初のインターハイは宮崎県宮崎市の生目の杜運動公園で開催(男子は7月25日~28日、女子は7月29日~8月1日)。各地で予選の熱戦が繰り広げられている。5月30日と31日に行われた島根県予選の個人戦では、優勝争いと並び、最後の2枠を争うリーグ戦が白熱。ここでは女子の戦いの様子を振り返る。

3試合後のリーグ戦3試合、全国行きをかけた最後の戦い

 島根県の個人戦出場枠は男女とも6ペアで、準決勝に進んだ4ペアの出場がまず決まり、残り2枠は、準々決勝で敗れた4ペアによるリーグ戦の上位2ペアに与えられるレギュレーションだった。

 各ペアは個人戦2日目のこの日、準々決勝までに3試合を戦っており、そこからリーグ戦の3試合に臨む過酷な状況。準決勝・決勝が進行する傍らで、並んだ2つのコートを使った「全国リーグ」、4ペアの最後の戦いが始まった。
 
 第1対戦、平田智菜/山根うみ(浜田)-坂野日菜梨/宮藤羽花(益田)は、坂野組が第1Gを0で取ったが、第2Gからは平田組が立て直し、計3ポイントしか与えずに4Gを連取して、最初の勝利をつかんだ。平田/山根はジュニア時代にペアを組んでおり、別の中学を経て高校で再会、今年度から再びペアを組んでいる。全国リーグが始まる前、「一緒に全国に行こう」と声を掛け合い、まず1勝を挙げた。
 
 もう一つの第1対戦、周藤成花/吉賀日向子(出雲)-大庭綾夏/上野梨穂(明誠)は、序盤から激しい競り合いとなった。周藤組がG3-2とするも、大庭組も第6Gを取ってファイナルへ。ここでは周藤組が序盤からポイントを重ね、⑦-3で振り切った。

 ともに中学からソフトテニスを始めた2年ペアの周藤/吉賀(出雲)は、昨年の県予選も2人で出場したが、初戦敗退。今年は成長の跡を見せて勝ち上がり、2人で「行きたいね、と話していた」という全国行きに向けて好スタートを切った。

 第2対戦、周藤/吉賀(出雲)-坂野/宮藤(益田)は、第2Gが勝負の分かれ目になった。第1Gを取られた坂野組が0-2から巻き返し、3-2のゲームポイント。しかし周藤組が3ポイント連取でG2-0とし、そのまま勢いに乗って0で勝利し、いち早く2勝目を挙げる。勝利の瞬間、ベンチ入りしていた真玉保浩コーチは両こぶしを握り締めた。インハイ出場に大きく近づいたかと思われたが、まだ決定ではなかった。

2勝目を喜ぶ周藤/吉賀(出雲)

 もう一つの第2対戦、平田/山根(浜田)-大庭/上野(明誠)は大熱戦となっていた。大庭組の2G連取で始まり、平田組が3G連取で逆転すれば、大庭組も第6Gを奪い返す。ファイナルでは大庭組がたたみかけるようにポイントを重ね、4-0とリードした。第1対戦を落としている大庭組は、ここで勝てば第3対戦に望みをつなげられる。そうなれば、先に2勝を挙げた周藤組の全国行きも決まらず、第3対戦の結果次第では、3ペアが2勝1敗で並ぶ可能性もあった。

「下を向くな」からの7連続ポイントで逆転

 0-4となったとき、山根は平田に「下を向くな」と声を掛けたという。「声を掛けてもらって、逃げずに打ち込もうと思った。思いで球を入れようと思いました」という平田とともに、反撃に転じた。懸命にボールを拾う大庭組を上回る勢いで、怒とうの7連続ポイント。鮮やかな逆転で2勝目を挙げ、周藤/吉賀(出雲)と平田/山根(浜田)の全国行きが決まった。

 平田/山根は第3対戦で周藤/吉賀を下し、3戦全勝で5位に。平田は3年生とのペアで臨んだ昨年に続く個人戦出場、山根は初のインハイ出場となる。平田は「去年は初戦で負けたので、1勝か2勝はしたい」と雪辱に燃え、山根は「初めての全国大会なので、自分たちがどれくらい通用するのか、いろいろ試しながら、楽しみたい」と目を輝かせた。
 
 周藤/吉賀は6位で、初めてのインハイ出場。全国リーグの戦いを、周藤は「吉賀さんのボレーが良いので、吉賀さんが決められるように配球していた」と振り返り、その吉賀は「緊張するかと思ったけど、途中で周藤さんから声を掛けてもらって、最後は楽しもうと思って、思い切りプレーしました」と語った。インハイに向けて、周藤は「自分たちらしい、出雲高校らしい、笑顔で元気なプレーを、自信を持ってやりたい」と意気込み、吉賀は「応援している人から応援されるような、自分たちが楽しめるプレーをしたい」と言葉に力を込めた。
 
 平田/山根の浜田高と、周藤/吉賀の出雲高は、個人戦終了後に行われた団体戦で敗退。2ペアは応援してくれた仲間たちの思いも背負って、学校を代表して夏の大舞台に臨むことになる。

※吉賀の吉は土に口

【女子個人】
①松浦/永海(松江南)
②舟木/柏 村(松江西)
③山尾莉/西平(大田)
③野津/加納真(安来)
⑤平田/山根(浜田)
⑥周藤/吉賀(出雲)

平田/山根を囲んで、浜田メンバー

周藤/吉賀と出雲メンバー

大庭/上野(明誠)

坂野/宮藤(益田)

 


写真・文◎石倉利英

 

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社