TOPICS
大会
2018.03.12

【選抜へ!⑤】エース根本/齋藤龍の安定感、羽黒は経験値と総合力で初制覇なるか

アゼリアの注目チームをピックアップ⑤男子・羽黒(山形)

関連キーワード:

 3月28日から開幕する全日本高校選抜(3月28~30日)。男子は昨年インターハイ初優勝を果たした羽黒が第1シードに。羽黒は、昨年の選抜では、決勝で高田商業に敗れて準優勝。今年は、満を持して選抜初制覇をねらう。

昨夏経験の2ペアと澤田/荒木のポテンシャル

 選抜の前哨戦でもある2月のアゼリアカップ。羽黒は、会心の勝利でアゼリア初優勝を果たした。

 決勝は高田商業と対戦。3番勝負にもつれる熱戦だったが、逆転勝利を果たし、インターハイに続くビッグタイトル獲得に向けて新チームでも好発進を見せている。

 昨年インハイを制したメンバーから、キャプテンを務めた村田優をはじめ、金子凌、佐藤大和が抜けたものの、インハイ個人戦32強のエース・根本拓哉/齋藤龍二のほか、2年生前衛の齋藤大樹が残り、その齋藤はインハイでもベンチ入りしている旭笑と新たにペアを組む。

アゼリアで齋藤大樹と組んだ2年生後衛の旭笑

昨年の選抜、インハイを経験している2年生前衛の齋藤大樹

昨夏、優勝を経験したペアが2ペア残る布陣は、どのチームよりも経験値が高いと言っていいだろう。

 新たに団体戦のメンバー入りしているのは、1年生の澤田吉広/荒木駿。
 アゼリアでは、初戦となった2回戦から1番を任され、ここをファイナルの接戦で勝利すると、準決勝の1番でも南陽工業の2年生ペアを相手に、G0-2から挽回。ここでもファイナルの末に勝利し、役割を果たした。

 高田商業との決勝では敗れた澤田/荒木だが、この1年生ペアについて「未完成だけれど、いいものは持っている」と白幡光監督。澤田については「打つ球に重さがある」、荒木については「手足が長くて能力が高い」と評価し、ともに「あとは精度が高まれば」と今後の課題を挙げると同時に、「このペアがさらに力をつければ、3ペアがそろう」と期待を寄せている。

1年生後衛の澤田吉広。2017年度のU-17メンバーで酒田第三中出身

1年生前衛の荒木駿。長身で能力の高さは白幡監督も認める

波なく勝利、「団体戦で強い」大将

 高田商業とのアゼリア決勝は、1番の澤田/荒木が敗れたあとに、根本/齋藤龍、旭/齋藤大の2ペアがともにファイナルの接戦を制して勝利。

 勝負を決めた3番の旭/齋藤大は、ファイナル0-4からの逆転勝利で、「これはたまたまの結果」と白幡監督は振り返ったが、「それでも勝ち切れたのはよかった。上出来」と選手たちを労った。

 総合力の高いチームの中でも、特に、根本/齋藤龍の安定感は、さすがと言わざるを得ない。全試合に出場し、全勝でチームをけん引。波のないプレーで、ペアとしての完成度と経験値を見せてくれた。

「個人戦では負けることはあっても、団体戦では強いですね」と、白幡監督の信頼も絶大だ。

 昨年の選抜では、高田商業との決勝敗退後に「背負っているもの、歴史が違う」と白幡監督が語っていたのが印象的だが、夏はその高田商業を準々決勝で破っての頂点だった。

 順調に勝ち進めば、高田商業とは、決勝で相まみえることになる。1年越しのリベンジとなるか――。
 春初優勝をねらう羽黒の戦いに、注目だ。

昨夏のインハイで逆転の羽黒の立役者となった根本拓哉。2年生後衛は今年も齋藤龍二と組む

恵まれた体躯を駆使したダイナミックなプレーを見せる2年生前衛の齋藤龍二

 


文◎田辺由紀子 写真◎山田次郎

選抜へ! バックナンバー>>
①男子・南陽工業(山口)自信と課題を収穫に飛躍を目指す
②女子・山陽女子(岡山)選抜で「乗ったら怖い存在」に
③男子・高田商業(奈良)3本柱の成長で3連覇をねらう
④女子・三重(三重)竹田/藤城の新エースが好感触
⑤男子・羽黒(山形)経験値と総合力で初制覇なるか

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社