TOPICS
大会
2019.04.03

驚異の精神力を持つ精密機械、奥田妃奈(就実)「努力は裏切らない」【夏のスター候補②】

第44回全日本高校選抜大会◎3/28-30愛知県豊田市・スカイホール豊田

関連キーワード:
奥田妃奈(就実高2年/右利き/後衛)

 全日本高校選抜大会は男子・高田商業、女子・就実が春の高校チャンピオンに輝き、幕を閉じた。高校生の次なる頂上決戦は、7月25日~8月1日に宮崎で行われるインターハイ。センバツで輝いた、夏のスター候補プレーヤーたちを紹介する。

インドア3冠の原動力

 アゼリアカップ、私学選抜、そして今大会とすべて全勝し、「インドア3冠」達成の原動力となった。どんなボールにも対応し、正確なコントロールで打ち返すフットワークとスキル、精神力は驚異的。

 インハイに向けては県内で山陽女子との激しい代表争いが予想されるが、「山陽女子は今回負けている分、向かってくると思うので、自分たちが受け身にならないよう、モットーである『練習は裏切らない、努力は裏切らない』という言葉を信じてがんばりたいと思います」と力強く語った。


取材・文◎直江光信 写真◎矢野寿明

2019年選抜
男子優勝:高田商業高校[奈良](2年ぶり12回目)
女子優勝:就実高校[岡山](13年ぶり4回目)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社